プレスリリース

富士経済、次世代物流システム・サービス市場の調査結果を発表

2019/1/28 17:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月28日

ロボティクス、IoT、AI、シェアリングなどがキーワード

次世代物流システム・サービス市場の調査結果

-2025年市場予測(2017年比)―

■次世代物流システム・サービス市場 3兆8,743億円(89.1%増)

 ~物流システムではIoTやAI、物流ビジネスではシェアリングなどがキーワード~

●宅配ボックスの国内市場 220億円(2.0倍)

 ~「置き配」サービスなどの普及により戸建住宅・集合住宅向けともに大きく伸びる~

●物流向けドローンの国内市場 25億円(12.5倍)

 ~当初は山間部や離島などの特定の地域でドローン活用の輸送サービスの運用が進み需要増加~

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 清口 正夫)は、ECの拡大によりニーズが高まる一方、現場における人手不足をはじめとした様々な課題を抱えながら、それらの課題解決を目指しロボティクス、IoT、AIなどをキーワードに進化する物流システム・物流サービスの市場について調査した。

その結果を「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2018」にまとめた。

この調査では、次世代物流システムとしてロボティクス・オートメーション8品目、ロジスティクスファシリティ7品目、IoT(ハード)4品目、IoT(ソフト・ソリューション)3品目、AI4品目、次世代物流サービスとしてトラックシェアリングや低温物流サービスなど5品目について、市場の現状を分析し、将来を予想した。

物流現場の人手不足の深刻化など、社会の大動脈である物流の課題解決のためロボティクス、IoT、AI技術を活用し、人依存から自動化、省人化を実現する次世代物流ビジネスへの取り組みが進んでいる。製造、販売が一体となり、物流における最適なサプライチェーンの構築による新たな価値を生み出し、それに伴い市場は拡大を続けるとみられる。

<調査結果の概要>

■次世代物流システム・サービス市場

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

次世代物流システム市場は、年率で10%以上の拡大が当面続くとみられる。ロボティクス・オートメーションでは、多品種少量生産に対応する生産システムが実現できるAGV・アーム付AGVや、AIとロボットを組み合わせた次世代物流ロボットシステムが、大きく伸びるとみられる。ロジスティクスファシリティでは、自動搬送・仕分けシステムや立体自動倉庫システムなどが通販市場の拡大を受けた堅調な伸びが予想される。IoT関連では、規模はまだ小さいものの、物流向けIoTプラットフォームが物流管理業務の平準化や作業効率化のニーズ増加に対応して、今後の伸びが期待される。AIを利用した物流システムでは、物流向け音声認識エンジンやAI画像認識活用物流システムなどが実証実験から本格導入へと移行することにより伸びるとみられる。

次世代物流サービス市場は、現状、低温物流サービスが2017年時点で90%以上を占めている。このサービスは国内では成熟しつつあるが、今後も海外ではアジアを中心に伸びが予想される。一方、現時点の市場規模は小さいものの、トラックシェアリングや倉庫シェアリングなど、オンライン上でマッチングする新しいサービスの伸びが期待される。トラックシェアリングは、ドライバー不足が深刻化する中で、スタートアップ企業を中心にサービス展開が始まっている。倉庫シェアリングは、季節変動商品の保管などで、小ロットや短期間で物流施設を利用したいニーズを捉え、今後の需要増加が予想される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501144_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501144_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]