2019年9月20日(金)

プレスリリース

三井住友アセットマネジメント、投資信託「グローバルSDGs株式ファンド」を新規設定

2019/1/28 15:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月28日

いま注目の"SDGs"への貢献が期待される企業に投資する『グローバルSDGs株式ファンド』を新規設定!

三井住友アセットマネジメント

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史)は、投資信託『グローバルSDGs株式ファンド』を本日、新規設定したことをお知らせいたします。

当ファンドは、SDGs(※1)への貢献が期待される世界の企業の株式に投資する投資信託です。また、当ファンドの実質的な運用は、ESG分野で高い評価を受けているスイスの資産運用会社ロベコSAMエージーが行います。ロベコSAMエージーはエネルギー、水、食物、健康などの分野に注目しています。SDGsにより年間12兆米ドルの市場の拡大が見込まれます。

三井住友アセットマネジメントは、中長期の資産運用の担い手としてSDGsに貢献する企業へ投資する当ファンドを設定し、日本国内の投資家にSDGsへの理解を広めることが運用会社の使命だと考えています。当ファンドを通じて、将来を担う子供たちへ、豊かな地球・社会を残すことにつなげていきます。

ファンドの概要については以下WEBサイトをご覧ください。

https://www.smam-jp.com/fund/top/1254111_1551.html

※1 「SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」は2015年9月にニューヨークの国連本部で採択された地球規模の危機的状況に対する国際目標です。2030年までに持続可能な世界(あらゆる形の貧困を解消・不平等の撲滅・気候変動の改善など)を実現するための17の目標・169のターゲットから構成されています。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■重要な注意事項

・当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。

・当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。

・当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

・当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

・当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

・当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

■三井住友アセットマネジメント株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号

加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501135_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。