/

日本通信、金融庁の結果公表を受けFinTech実証実験の概要および結果を公開

企業:日本通信

発表日:2019年1月24日

日本通信、金融庁の結果公表を受けFinTech実証実験の概要および結果を公開

~インターネット金融取引、世界最高の安全性を実現~

日本通信株式会社(「当社」という)は、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」に選定された、FinTechプラットフォーム(FPoS(エフポス)(Fintech Platform over SIM))を利用したスマートフォンでの安全・安心な金融取引に係る実証実験の結果を金融庁が本日公表したことを受け、FPoSおよび実証実験に関する概要及び結果を公開しましたので、お知らせいたします。

FinTech分野でのオープン・イノベーションに対する期待が高まっている中、オンラインバンキングサービスの不正利用等、セキュリティに関する問題が注目されています。近年の犯罪手口の高度化・巧妙化(中間者攻撃やマン・イン・ザ・ブラウザ攻撃、端末の乗っ取り(ハイジャック)など)は深刻な問題であり、新たな脅威に対する解決方法の登場が強く望まれています。

当社のFPoSは、このような背景をもとに考案されたプラットフォームですが、金融機関がFPoSを商用導入する場合、金融庁の「主要行向けの総合的な監督指針」並びに「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」の規定に従う必要があります。監督指針の当該セクションには、全国銀行協会の申し合わせ等において記載されている「現行方法」によるセキュリティ対策事例が挙げられていますが、サブSIM等を用いたFPoSによるセキュリティ向上の仕組みが、監督指針に記載されている要請を忠実に実現しているか否かが論点となっていました。

このような背景のもと、参加金融機関・企業として株式会社群馬銀行、株式会社千葉銀行、株式会社徳島銀行、株式会社マネーフォワード、及びサイバートラスト株式会社に協力を頂き(詳細は、2018年5月31日付け「日本通信のFinTechプラットフォームが金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件として決定」をご参照ください)、FPoSの法令への適合、金融取引の安全性や利用者の利便性、銀行及びフィンテック企業における導入・運用の容易さ等を検証してまいりました。

今回の実証実験を通じ、監督指針及び実証結果における金融庁からの見解は、以下のとおりとなります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500940_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン