/

ミック経済研究所、「クラウド型CRM市場の現状と展望 2018年度版」を発刊

発表日:2019年1月15日

「クラウド型CRM市場の現状と展望2018年度版」を発刊

クラウド型CRM市場の総市場規模は、2017年度約1640億円、オンプレミスを含めたCRM市場全体におけるシェアは25%超える

2017年度以降、年平均24.3%で市場は成長し、2022年度には約4780億円超に拡大、シェアも2021年度にオンプレミス市場を逆転、2022年度には58%超を占めるまでに

IT分野およびアウトソーシング分野の市場調査機関である株式会社ミック経済研究所(本社:東京港区、社長:有賀章)は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウド型CRM市場の現状と展望 2018年度版」を、2018年12月14日に発刊した、と発表しました。

<クラウド型CRM市場の調査範囲>

今回の調査は、CRM分野にクラウドでソリューションを提供するICTベンダー187社を対象にして、その内主要ベンダー59社を調査したデータを基に総市場の集計・分析を試みている。

因みに、今回調査でクラウドとしているサービスには、ASP、SaaS、PaaS、IaaS等パブリッククラウドのサービスを指し、プライベートクラウドは対象にしていない。

以下に、今回の調査対象となるCRMの調査範囲を機能別にまとめた。因みに今回の調査からチャットボットを調査対象に追加して集計している。

※参考資料は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499929_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499929_02.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン