2019年3月22日(金)

プレスリリース

アビームコンサルティング、「ABeam Digital Labor Cloud for ASEAN Market」を提供

2019/1/8 11:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月8日

アジア市場向けクラウド型RPA

「ABeam Digital Labor Cloud for ASEAN Market」提供開始

アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は、グローバル展開を進める日系企業の生産性向上を支援するため、クラウド型のRPA「ABeam Digital Labor Cloud for ASEAN Market」の提供を本日より開始します。アビームコンサルティングが国内外の企業向けに展開してきた「RPA業務改革サービス」(※1)を、ASEAN各国における日系企業にとって、より利用しやすいサービス形態および価格にて提供します。

日本国内においてRPA(Robotic Process Automation)は、労働人口の減少や働き方改革への具体的な手段として企業の規模や業種を問わずに急速に導入が進み本格的な普及期を迎えました。一方、アジアを中心とした日系企業の現地法人においては、年々高騰する人件費や業務品質の維持、現地人材の流動化への対応といった課題を抱えながらも、投資の制約や導入ノウハウの不足によりRPAの導入が進んでおらず、より一層の効率化を志向する企業にとって大きな課題となっていました。

「ABeam Digital Labor Cloud for ASEAN Market」はこのような課題を解決するため、アビームコンサルティングが提供するビジネスイノベーション・プラットフォーム「ABeam Cloud(R)」(※2)を通じて、サーバー型RPAソフトウェア"BizRobo!"の機能を提供するサービスです。本サービスの利用により、企業が独自でソフトウェアライセンスの購入や、運用サーバーの準備を行う必要はなくなり、導入時のランニングコストは大幅に軽減されます。

本サービスは、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム等ASEAN諸国の法人向けに展開します。サービス内容により異なりますが、日本円で月額30万円程度(各種税別、ライセンス料含む)から提供し、1年間で100社の導入を目指します。

アビームコンサルティングは、今後も業務改革に対する知見と最新のテクノロジーを組み合わせ、企業のさらなる生産性向上に貢献していきます。

※1 「RPA業務改革支援サービス」は、RPAの活用により、ホワイトカラーの業務効率化や生産性向上を支援するコンサルティングサービスです。企業のニーズに応じて、対象業務の特定から基本計画の策定や導入支援、ロボット開発、運用統制ルールの策定や技術者育成など、導入から定着までの様々なサービスを提供します。

※2 「ABeam Cloud(R)」は業種・業界ごとのテンプレートや企業運営に必要な様々な業務アプリケーション群を、国内外のクラウド事業者が提供する基盤を通じて利用できるサービスです。

※アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。

※本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

■アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約5,200名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

ホームページ: https://www.abeam.com/jp/

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報