2019年2月20日(水)

プレスリリース

企業名|産業
大日本印刷商社・サービス

大日本印刷、オリジナル書体「秀英体」のLINE絵文字6種類を発売

2019/1/7 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月7日

オリジナル書体『秀英体』のLINE絵文字を発売

「秀英初号明朝」「秀英にじみ丸ゴシックB」など6種類を1月7日に提供開始

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、DNPのオリジナル書体『秀英体』をLINEで使える絵文字に加工した"デコ文字(かなカナ/英数字)"タイプ6種を、1月7日から発売します。

現在、コミュニケーションアプリ「LINE」でやり取りするメッセージの文字を装飾する「LINE絵文字」を利用する人が増えています。DNPは今回、「LINE絵文字」として文字の装飾用に使用できる秀英体デジタルフォント6種を提供します(税込120円/種)。これにより、「LINE」を使う多くの生活者に秀英体の魅力を感じてもらうとともに、メッセージの内容に適した書体を自分で選ぶことの楽しさを伝えていきます。

【LINE絵文字のタイトル一覧と表示サンプル】

◇添付の関連資料を参照

または、LINEスタンプショップで「秀英体」で検索。

◇参考画像は添付の関連資料を参照

【秀英体について】

秀英体はDNPが明治時代から開発を続けているオリジナルの書体です。優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われるなど、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも親しまれてきました。DNPは2005年から、「秀英体」をよりオープンなデジタル環境で活用するためのリニューアル事業「平成の大改刻(*)」に取り組み、2009年からはDTP(Desk Top Publishing)環境のほか、電子書籍ビューアーやワープロソフト等にライセンス提供するなど、その利用範囲を広げています。

*平成の大改刻:DNPは2006年の創業130周年の記念事業の一環として、21世紀のデジタルコミュニケーションを支える情報流通基盤の進展を目的に、高品位な書体の価値の再構築を理念として、2005年に「平成の大改刻」を開始しました。秀英細・中・太明朝の改訂、金属活字時代の秀英初号明朝のデジタルフォント化、新書体である角ゴシックや丸ゴシックのデジタルフォント開発などを2012年までに行いました。

※秀英体の詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。→ http://www.dnp.co.jp/shueitai/

※「秀英」及び「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。

※LINEは、LINE株式会社の登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499255_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499255_03.jpg

LINE絵文字のタイトル一覧と表示サンプル

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499255_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報