2019年4月23日(火)

プレスリリース

三井住友海上とヤフー、損害保険領域のインシュアテック推進で合意-2019年度に第一弾の保険商品・サービス提供を目指す

2018/12/28 10:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月28日

三井住友海上とヤフーによるインシュアテック推進に関する合意について

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下「三井住友海上」)ならびにヤフー株式会社(代表取締役:川邊 健太郎、以下「ヤフー」)は、損害保険領域におけるインシュアテック推進に関する新たな取組の開始について合意しました。

今回の合意により、これまでの「ちょこっと保険」販売ノウハウをベースに、最先端のインシュアテック技術を活用することで、保険に関するすべての手続きやサービスにおいて、これまでにないお客さま体験価値の提供を目指します。

今後、三井住友海上とヤフーは最適なビジネスモデルの検討、構築を進め、2019年度に第一弾の保険商品・サービスの提供を目指します。

1.概要

・三井住友海上とヤフーは、2007年に「ちょこっと保険」(※)を共同開発し、ヤフーウォレット登録者が、月額40円から気軽に加入できる団体保険をインターネット上で販売してきました。

・今後は、Yahoo!ショッピングや旅行予約サービスでの商品やサービス購入画面上で、保険サイトに遷移することなく、一連の手続きシナリオの中で、必要な補償を数クリック・数タップで得られるようAIが示唆し、保険加入から保険金のお支払いまでデジタルで完結させるスマートな世界の実現を目指します。

2.背景

・お客さまの価値観は多様化しており、保険契約においても、対面で十分な説明を受けたうえで加入したいというニーズが存在する一方で、スマートフォンで必要な時に簡単に加入したいというニーズもあります。

・今回の合意により、このようなニーズに対して、これまで培った両社の10年を超えるノウハウを結集し、保険に関するすべての接点において、これまでの「簡単」「便利」にとどまらず「ちょっと気が利いた」「スマート」なおもてなしによる新しい保険の価値提供を目指します。

※「ちょこっと保険」

 ヤフーウォレット登録者(無料)向けの団体保険で、ご自身の状況に合わせて自由に設計可能であること、保険料が月額40円からと気軽に加入できることが特徴です。2007年にヤフープレミアム会員(有料)向けに提供を開始し、2016年よりヤフーウォレット登録者(無料)でも加入が可能になりました。補償開始、補償範囲の拡大が翌日から可能で、すべての契約に関する手続きがインターネットでできます。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報