プレスリリース

企業名|産業
SCSK商社・サービス

トモズ、「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」など6社のQRコード決済サービスを導入

2018/12/27 11:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月27日

株式会社トモズ「QRコード決済サービス」を導入

株式会社トモズ(本社:東京都文京区、事業内容:ドラッグストアの経営(ドラッグストア・調剤店舗 172店舗[2018年12月時点])、社長:徳廣 英之、以下「トモズ」)は、12月3日(月)から一部先行店舗(76店舗)にて、スマートフォンの画面上に電子バーコードを表示させ、レジで決済ができるQRコード決済サービス「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」を導入致しました。また、12月28日(金)より全店(一部対象外店舗あり)において、「d払い(R)」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「PayPay」のサービスを追加し、合計6社のQRコード決済サービスを開始することをお知らせ致します。

なお、本QRコード決済サービスは、SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員最高執行責任者:谷原 徹)と株式会社ネットスターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:李 剛)の協力のもと、短期間での全店展開を実現することができました。

QRコード決済サービスは、スマートフォンをはじめ、モバイル端末に決済用のQRコードを表示させることで、簡単に商品の代金を支払うことができるサービスです。政府はキャッシュレス決済の比率を2025年までに40%、将来的には世界最高水準の80%へ引き上げを目指してキャッシュレス化を推進しており、QRコード決済サービスはキャッシュレス化推進にあたり注目されています。

トモズでは一部店舗で免税対応も行っているため、訪日外国人のニーズが高まるQRコード決済を取り入れることによりサービスを拡充して誘客を図ってまいります。また、現状の決済手段としてクレジットカード、各種電子マネー、ポイント支払い(トモズポイント・Pontaポイント)に加え、今後拡大が見込まれるQRコード決済サービスを始めることにより、お客様の利便性の向上を図ってまいります。

【サービス開始日および対応情報】

(1)サービス開始日:2018年12月28日(金)

(2)対応ペイメント:「d払い(R)」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「PayPay」「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」

(3)対象店舗:トモズ・アメリカンファーマシー・インクローバー

 ※調剤専門店舗・通信販売など一部店舗は対象外となります。

・WEBショップ http://tomods-ap.com

・楽天市場サイト https://www.rakuten.ne.jp/gold/tomods-ap

・Yahoo!サイト http://store.shopping.yahoo.co.jp/tomodsap/

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

*ロゴは添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0499106_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]