/

海洋研究開発機構と九大、人工知能を用いて気候実験データから熱帯低気圧のタマゴを高精度に検出する手法を開発

発表日:2018年12月19日

人工知能を用いて気候実験データから熱帯低気圧のタマゴを高精度に検出する新手法を開発

~台風発生予測の高精度化に期待~

1.概要

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地球情報基盤センターの松岡大祐技術研究員(国立研究開発法人科学技術振興機構さきがけ研究者)らは、国立大学法人九州大学大学院システム情報科学研究院の内田誠一主幹教授らと共同で、ディープラーニング(※1)によって、全球雲システム解像モデルNICAM(※2)による気候実験データから、発生前の熱帯低気圧の予兆を示す雲(熱帯低気圧のタマゴ、図1)を精度よく検出する手法(図2)を開発しました。開発した手法は特に夏の北西太平洋において、発生1週間前の熱帯低気圧のタマゴを高精度に検出可能であることを示しました(図3、4、5)。本成果により、人工知能(AI)技術を活用した新しい台風発生予測の実現に向けて大きな手掛かりが得られたと言えます。

本研究は、これまでの物理方程式に基づく気象モデルを用いたModel-driven(※3)な手法による将来予測の課題を克服すべく、過去に蓄積された大量のシミュレーションデータから現象発生の予兆を示す特徴を直接的に学習し、熱帯低気圧の発生を予測しようとする新たなアプローチの研究と考えられます。大量の気象ビッグデータが蓄積されていく現在において、本研究の成果はData-driven(※4)な手法を用いた気象予測の新たな展開を拓くものとして期待されます。

本研究は科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)の支援を受け、情報計測(計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用)領域の平成29年度採択課題「気象ビッグデータからの極端現象発生予測~台風のタマゴ発見から豪雨予測まで~」において行われたものです。また、本研究の一部は、JSPS科研費(JP16K13885、JP26700010、JP17K13010)の助成を受けて行われました。

本成果は、日本地球惑星科学連合の英文論文誌「Progress in Earth and Planetary Science」電子版に12月19日付け(日本時間)で掲載される予定です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498457_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン