2019年5月23日(木)

プレスリリース

企業名|産業
伊藤忠商事商社・サービス

伊藤忠商事、半固体リチウムイオン電池の研究・開発を行う米国の24M社へ出資

2018/12/18 10:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月17日

次世代リチウムイオン電池メーカーへの出資について

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)は、半固体リチウムイオン電池の研究・開発を行う24M Technologies,Inc(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Richard Feldt、以下「24M社」)の第三者割当増資を引き受けました。本出資を通じて、当社と24M社は次世代リチウムイオン電池のグローバル製造・開発事業を共同推進します。

24M社は、安全性、エネルギー密度、製造コストなどで現行のリチウムイオン電池を上回る半固体電池の研究・開発企業です。現行リチウムイオン電池の製造工程を大きく改良、簡略化した独自プロセスを確立し、技術特許も取得、米国に実証用パイロットプラントを稼働させています。最大の特徴は、現行リチウムイオン電池の性能を維持・向上できる上に、使用部材の削減、製造プロセス簡略化により、価格競争力のある製品を提供できる点にあります。

24M社は当該技術特許を複数の製造パートナーに供与し、2020年の稼働を目標に量産工場を建設予定です。現在、電気自動車、再生可能エネルギーの普及拡大に伴い、リチウムイオン電池の需要が急増しております。

伊藤忠商事は世界規模で広がる電池需要の高まりに応えるべく、24M社の半固体電池製造のライセンス事業をグローバルに展開し、電池部材の供給や製造設備の納入なども含め、需要地における現地パートナーとの電池製造事業を拡大してまいります。

伊藤忠商事は、日本国内を中心に蓄電池ビジネスを展開しており、2018年10月時点で累計約10,000台(95MWh/30MW相当)の蓄電システムを販売しております。今後は国内のみならず海外でも蓄電池ビジネスの展開を進めていく予定であり、24M社への出資を通じて、蓄電システムの基幹部品であるリチウムイオン電池の安定調達体制を構築していきます。

伊藤忠商事は、今年5月に新中期経営計画を発表し、「商いの次世代化」を基本方針として掲げ、全社を挙げてビジネスモデルの進化やグループバリューチェーンの価値向上に取り組んでいます。

伊藤忠商事の培って来た電池ビジネスを24M社と共に進化させ、分散型エネルギー社会の実現に向けて貢献してまいります。

■24M社概要

・会社名:24M Technologies,Inc.

・設立:2010年

・本社:米国マサチューセッツ州

・代表者:Richard M Feldt

・従業員数:56名(常勤執行役:5名)

■24Mの半固体電池

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

24Mの半固体電池

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498388_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報