/

セブン-イレブンとNEC、AI・IoT技術を活用した省人型店舗「セブン‐イレブン三田国際ビル 20F店」をオープン

企業:NEC
産業:

発表日:2018年12月17日

マイクロ・マーケットに対応した初の『省人型店舗』

「セブン‐イレブン三田国際ビル20F店」をオープン

NECのAI・IoTなどの先進技術を活用

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古屋 一樹、以下 セブン‐イレブン)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行 役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)は、2018年12月17日(月)、マイクロ・マーケット(小規模商圏)への本格的な展開を目的に、NECのAI・IoT技術を活用した初の『省人型店舗』となる「セブン‐イレブン三田国際ビル20F店」をオープンいたします。

本取り組みは、昨今ニーズが高まっているオフィスビルや病院、工場等マイクロ・マーケットと呼ばれる商圏に、NECのAI・IoTなどの先進技術を導入したセブン-イレブン店舗を出店し、実証実験を行っていくものです。

本店舗には、NECとして国内初導入となる「顔認証による決済」をはじめ、「ターゲット広告サイネージ」等、お客様の快適・便利を支えるシステムに加え、冷蔵庫等の設備情報を24時間自動収集し、安定稼働をサポートする「設備の稼働管理」や「AIを活用した発注提案」等、従業員を支えるシステムを活用することで店舗の省人化を図ってまいります。

セブン‐イレブンは、今後も店舗における生産性向上につながるIoT技術等の積極的な導入を図ることで『ひとと環境にやさしい店舗』をさらに推進し、お客様にとってより「近くて便利なお店」を目指してまいります。

NECは今後もAI・IoT等の先進技術を活用し、お客様のビジネスや市場ニーズに沿ったシステムを提供することで、小売業におけるサービス品質の向上と業務効率化に貢献していきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498296_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン