2019年1月22日(火)

プレスリリース

企業名|産業
テルモ機械

テルモ、脳梗塞治療用のステント型血栓除去デバイス「Tron FX」を日本で発売

2018/12/12 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月12日

テルモ、脳梗塞治療用のステント型血栓除去デバイス「Tron FX」を日本で発売

JIMRO社と販売提携

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、急性期脳梗塞の治療に使用するステント型血栓除去デバイス「Tron FX(R)」(トロン エフエックス)を、2019年4月から日本で販売します。Tron FXは、株式会社JIMRO(本社:群馬県高崎市)の子会社が開発(※)し、JIMRO社が製造販売承認を取得した製品です。本製品に関して、テルモとJIMRO社は、日本における独占販売契約を締結しています。日本で幅広い販路を持つテルモが販売することで、市場でのプレゼンス向上を目指します。

脳梗塞は、脳の血管に血栓が詰まることで、その先の脳組織がダメージを受けてしまう病気です。ステント型血栓除去デバイス(ステントリトリーバー)は、カテーテルの先端に付いたステント(金属でできた網目状の筒)で、脳血管内の血栓をからめとり、血流を再開通させる医療機器です。本製品は、柔軟性を高め、ステント径2mmの細い品種を揃えることで、より細い末梢の血管でも血栓が回収しやすいように設計されています。

テルモは、本製品と自社製の脳血栓吸引カテーテルの販売を通じて、脳梗塞治療に貢献してまいります。

※本開発は、株式会社Biomedical Solutions(本社:東京都中央区)により、2013年度に経済産業省の課題解決型医療機器等開発事業「脳血管血栓除去マイクロステントシステム製造に向けた研究開発」として採択され、2015年度からは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の発足に伴い医工連携事業化推進事業のプロジェクトとして引き継がれ、3年間にわたって公的資金を活用しながら開発が進められてきました。

*製品画像は添付の関連資料を参照

○一般的名称:中心循環系塞栓除去用カテーテル

○販売名:Tron FX 血栓除去デバイス

○医療機器承認番号:23000BZX00378

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497994_01.JPG

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報