プレスリリース

TSIホールディングス、グループ再編(子会社間の事業譲渡とブランド廃止)を決議

2018/12/12 15:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月12日

グループ再編(子会社間の事業譲渡とブランド廃止)に関するお知らせ

当社は、本日の取締役会において、下記のとおり当社のグループ再編を決議しましたので、お知らせします。

   記

1.グループ再編の目的

当社子会社である株式会社東京スタイル(以下「東京スタイル」という)及び株式会社サンエー・インターナショナル(以下「サンエー」という)は平成26年3月3日に会社分割により設立され、百貨店とEコマースを中心に事業を展開をしてきました。平成29年3月には両社の管理機能を統合し、本年9月1日からはサンエーの代表取締役社長である松田浩一が東京スタイルの社長を兼任して効率的な業務運営を推進してきました。

今般、両社の機能を統合し1社体制とすることで、組織構造の更なる効率化と戦略的意思決定の迅速化を図り、強固な経営体制の構築を図ります。

具体的には、東京スタイルで展開するナチュラルビューティー、ピンキー&ダイアン、ボッシュ及びトウキョウスタイリスト ザ ワン エディションの4事業を来年3月1日にサンエーに事業譲渡し、併せてヴァンドゥー・オクトーブル及びアリスバーリーについては2月末日をもって国内事業を撤収します。

2.今後のスケジュール

平成31年1月31日:東京スタイル及びサンエーの各社臨時株主総会で承認

平成31年3月1日:サンエーへの4事業譲渡を実施

3.今後の見通し

グループ再編における事業譲渡は完全子会社間で実施するものであるため、今期の連結業績に与える影響は軽微です。また、ブランド廃止に伴う連結業績への影響については現在精査中であり、修正が必要と判断した場合は、速やかに公表する予定です。

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]