2018年12月12日(水)

プレスリリース

Mastercardとマイクロソフト、デジタル認証のイノベーションで戦略的な提携を締結

2018/12/7 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月7日

Mastercardとマイクロソフト、デジタル認証のイノベーションのために協力関係を締結

本リリースは2018年12月3日にMastercardが配信した英語版の抄訳です。

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下 Mastercard)とマイクロソフト社(本社:米国ワシントン州、Nasdaq: MSFT)は、デジタル認証の利便性を向上させるために戦略的な提携を締結したことを発表しました。

現在身元をオンラインで認証するには、パスポート番号、住所証明書、運転免許証、ユーザー資格など物理的またはデジタル上での管理に依然として依存しています。そのため、様々な認証のために何百ものパスワードを覚えておかなければならない個人にとっては大きな負担であり、認証のためのデータ管理がますます複雑になっています。Mastercardとマイクロソフトは緊密に協力して、必要なときにいつでも、誰でも自分のデジタル認証を安全かつ即座にでき、個人が日々使用するデバイスに自分の認証データを入力、制御、そして共有できるサービスの提供を目指します。

Mastercardのサイバーおよびインテリジェントソリューションズ部門プレジデント(President, Cyber and Intelligence Solutions)であるアジェイ・バラ(Ajay Bhalla)は次のように述べています。「今日のデジタル認証は、まばらで一貫性がなく、ある国で有効なことが、しばしば別の国では通用しません。私たちは、人々にとって使いやすいことを最優先とし、認証データとその使用場所を制御するシステムを確立する機会を得ました。マイクロソフトと協力することで、世界的に相互運用が可能なデジタル認証サービスを実現するための一歩を踏み出し、近いうちにその詳細をお伝えできることを楽しみにしています。」

どこでも認識が可能なデジタル認証にアクセスできるようになれば、企業、サービスプロバイダー、およびそれらのコミュニティとオンラインでやりとりしている人々にとって、以下のような優れた体験が実現可能となります。

・金融サービス:新規の銀行口座、ローンまたは支払いサービス口座を開設するための申請者の識別プロセスの改善と迅速化

・商業活動:支払い方法、デバイスまたはサービスプロバイダーに関係なく、オンラインや店頭でパーソナライズされた効率的なショッピング体験の実現

・行政サービス:行政機関との手続きの簡素化 -税金申告、パスポートの申請、補助金の申請(例:社会保障)

・デジタルサービス:電子メール、ソーシャルメディア、映画/音楽ストリーミング、シェアリングサービスの合理化と使いやすさの実現

マイクロソフトのアイデンティティ担当 コーポレートバイスプレジデント(Corporate Vice President, Identity)であるジョイ・チック(Joy Chik)氏は次のように述べています。「デジタル認証は、人々がどのように暮らし、仕事をし、遊ぶかなど日常生活を送る上での基礎となります。マイクロソフトは、人々が自らの認証とそのデータを管理しなければいけない状況を新しい分散型認証のイノベーションで彼らの人生に好影響をもたらすと信じており、Mastercardと共に取り掛かることができ興奮を覚えています。」

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497677_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報