2019年3月24日(日)

プレスリリース

SAPジャパン・日本マイクロソフト・アビームコンサルティング、働き方改革支援ソリューションを共同開発

2018/12/6 11:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月6日

SAPジャパン、日本マイクロソフト、アビームコンサルティングが

「働き方の見える化」と「人事・人材管理」を連携させた

働き方改革支援ソリューションを共同開発

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野拓也、以下日本マイクロソフト)、およびアビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 俊典、以下:アビームコンサルティング)は、SAPジャパンの人事・人財管理ソフト「SAP(R) SuccessFactors(R)」(※1)と日本マイクロソフトが提供する組織分析ソリューション「Workplace Analytics」(※2)およびアビームコンサルティングの人事・組織改革に関するコンサルティングノウハウを連携させた結集した働き方改革支援ソリューション「Advanced workforce analytics solution for talent management」を共同開発しました。「Advanced workforce analytics solution for talent management」は、本日よりアビームコンサルティングから提供を開始します。

企業においては生産性向上を目的に様々な働き方改革に関する施策が進められています。働き方改革における生産性向上の取り組みとしては、残業抑制や制度の導入だけでなく、社員の適性や能力を考慮した人材育やコミュニケーション施策まで踏み込んだ取り組みも求められます。

本ソリューションは、発信者や宛先、件名、タイムスタンプなどを含むMicrosoft 365(※3)の電子メールやカレンダーから得られる社員の活動量を分析し組織内の連携や時間の使い方に関する知見を得ることができるWorkplace Analyticsと、人事に関する業務からタレントマネジメントまでを総合的にカバーするSAP(R) SuccessFactors(R)を組み合わせることにより、これまで企業内で別々に管理されてきた情報の分析を通じ、科学的なアプローチによる人材育成や開発に関する示唆を提示することで企業全体の人材の能力の底上げを支援するものです。

具体的には、SAP(R) SuccessFactors(R)上に蓄積された社員の適性検査の結果や評価情報と、Workplace Analyticsから収集可能な上司との会議・メールといったコミュニケーション頻度を組み合わせて分析し、チーム運営や人材育成施策活用に役立つ具体的なアドバイスや示唆を与え、働き方の改善や組織パフォーマンスの向上を支援します。

本ソリューションは、サービスの範囲や企業のニーズにより異なりますが、従業員数1,000名以上の企業に対して、SAP(R) SuccessFactors(R)およびWorkplace Analytics の導入を含め2,000万円程度から提供します(ソフトウェアライセンス費用は別途)。

将来的にはクラウド上に蓄積されている様々なデータを活用するにあたり、Microsoft Azureと連携して、人材に関するデータを統合的に分析できるようになります。

本ソリューションにおいて3社は以下の取り組みを実施します。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497494_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報