プレスリリース

エプソンダイレクト、「会計ソフトプリインストールモデル」2モデルを発売

2018/11/27 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月27日

『会計ソフトプリインストールモデル』2 モデル発売

エプソングループのエプソンダイレクト株式会社(本社:長野県塩尻市、社長:栗林治夫)は、エプソン製会計ソフトをインストールした状態で出荷する『Endeavor NJ4100E-AC 会計ソフトプリインストールモデル』『Endeavor AT10-AC 会計ソフトプリインストールモデル』を発売しました。本モデルはオンラインショッピングサイト( https://shop.epson.jp/ )およびコールセンター[ご購入相談およびご注文窓口](電話 0120-545-101〈通話料無料〉)を通じて本日より受注を開始しました。

『Endeavor AT10-AC 会計ソフトプリインストールモデル』は 12 月上旬より、『Endeavor NJ4100E-AC 会計ソフトプリインストールモデル』は 12 月中旬より順次出荷予定です。

*製品画像は添付の関連資料を参照

【『会計ソフトプリインストールモデル』の特長】

■エプソン製会計ソフトをプリインストールした状態で出荷

エプソン製会計ソフト「Weplat 財務応援 R4 Lite ダウンロード版(WEOZLA)」「Weplat 給与応援 R4 Lite ダウンロード版(WEOKLA)」のどちらか一方又は両方をインストールした状態で出荷します。本モデルは各ソフトウェアの動作環境を満たした仕様に固定されており、ご購入時に BTO(Build To Order:お客様が仕様を選択できるご注文方法)で部品を選ぶ必要がございません。また、「Microsoft Office Home and Business 2016」も標準搭載されていますので、会計用途だけでなくオフィス用途としてもご利用いただけるパソコンです。

※会計ソフトの利用期間は 1 年間です。ライセンス期間を過ぎるとご利用いただけなくなります。継続利用のためには更新手続きが必要となります。

■サポート対応を一元化

会計ソフト・パソコンの問い合わせ窓口をエプソンが一括して承ります。そのため会計ソフト・パソコンに関わらず包括的なサポートが可能になり、問題解決までの時間が短縮されます。本モデルをエンドユーザー様にご紹介いただく会計事務所様にとっては、エンドユーザー様からの会計ソフト・パソコンに関する問い合わせをエプソンが行うため、問い合わせ対応の工数削減につながります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496604_01.png

製品画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496604_02.png

製品画像(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496604_03.png

製品画像(4)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496604_04.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496604_05.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]