2018年12月12日(水)

プレスリリース

東大・富山大・理研、DNAの遺伝情報をタンパク質に伝えるmRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素を同定

2018/11/23 4:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月23日

メチルは端だが役に立つ?

―mRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素の同定―

1.発表者:

穐近 慎一郎(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程2年生)

平野 清一(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 博士課程2年生)

七野 悠一(理化学研究所 開拓研究本部 岩崎 RNA システム生化学研究室 特別研究員)

鈴木 健夫(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 講師)

西増 弘志(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教)

石谷 隆一郎(研究当時:東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 准教授)

杉田 愛(研究当時:富山大学大学院医学薬学教育部 薬科学専攻 博士前期課程2年生)

廣瀬 豊(富山大学大学院医学薬学研究部(薬学) 准教授)

岩崎 信太郎(理化学研究所 開拓研究本部 岩崎 RNA システム生化学研究室 主任研究員、東京大学新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻准教授)

濡木 理(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 教授)

鈴木 勉(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 教授)

2.発表のポイント:

◆DNAの遺伝情報をタンパク質に伝える役割を持つmRNAのキャップ構造(注1)における特異的なm6A(N6-メチルアデノシン)修飾酵素(注2)としてCAPAM(注3)を同定し、X線結晶構造解析によりCAPAMによるm6A修飾形成機構を解明した。

◆CAPAMの担うm6A修飾はmRNAの翻訳を促進していることを明らかにした。

◆m6Am修飾が変動することで調節される遺伝子発現機構の全貌を明らかにするとともに、将来この修飾の異常に起因するヒトの疾患の究明が期待される。

3.発表概要:

東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻の鈴木勉教授、東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻の濡木理教授らを中心とした東京大学、富山大学、理化学研究所の研究グループは、mRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素CAPAMを同定し、X線結晶構造解析からCAPAMの基質認識機構を明らかにした。またキャップ構造におけるm6A修飾の担う機能としてmRNAの翻訳を促進していることを見出した。

本研究成果は11月23日(金)に米国科学誌「Science」に掲載される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496444_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報