/

日本ユニシス、スーパーマーケットでの自律移動型業務代替AIロボットの常設運用を開始

発表日:2018年11月19日

日本ユニシス、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

日本初!スーパーマーケットでのAIロボット本格運用開始

~自律走行・自動写真撮影・画像解析の機能を搭載~

日本ユニシスは、かねてよりスーパーマーケット事業を営むユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスと共同で研究開発を進めてきた自律移動型業務代替AIロボットの常設運用を、2018年11月5日より同社傘下のフードスクエアカスミ オリナス錦糸町店で開始しました。

このAIロボットは、閉店後、無人の店内を自律走行しながら商品棚の画像を撮影・解析し、その結果をPOPのチェックなどに活用することで小売店舗スタッフの作業負荷低減を図ります。AIロボットのセンサーが障害物を検知し、商品棚を照らしながら撮影するため、消灯された店内で運用が可能です。

国内のスーパーマーケットにおいて、自律走行・自動写真撮影・画像解析が可能なAIロボットを本格運用されるのは、初の取り組みです。今後、順次機能を追加して従業員の業務効率を高める取り組みを推進していきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

【背景】

日本ユニシスは、重要な社会課題のひとつである労働力不足に対し、サービスロボットを活用し従業員の業務を支援する取り組みを進めてきました。またユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスでは労働集約型のスーパーマーケットのビジネスモデルを変革するため、新技術活用によるビジネス改革の推進に取り組んでいます。

日本ユニシスと同社は、自律走行可能なAIロボットの店舗での実証実験を共同で実施、開発・検証してきました。特に深層学習による画像解析技術が向上し、この度、業務運用レベルに達したことを確認できたため、本格運用に移行しました。今後も両社はAIロボット活用に向けて、共同研究を推進していきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496020_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496020_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン