2019年3月22日(金)

プレスリリース

企業名|産業
東レ素材・エネルギー

東レ、複合紡糸技術NANODESIGNを用いた新しいPrimeflexを開発

2018/11/15 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月15日

複合紡糸技術NANODESIGN(R)を用いたPrimeflex(R)の開発について

東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)はこのたび、複合紡糸技術NANODESIGN(R)(※1)を用い世界最細繊度である0.8dtexの2成分バイメタル繊維からなる新しいPrimeflex(R)を開発しました。Primeflex(R)の特徴である優れたストレッチ性とストレッチバック性はそのままに、きめ細やな表面感と、フラットでスムーズな肌触り、ソフトでしなやかな風合いを兼ね備えていることから、オフィスカジュアルやセットアップ、女性に人気のトレーニングやヨガなどのスポーツシーン向けインティメイト・アイテムなど、機能性とともにテキスタイルの美しさが重要視されるアイテムに適しています。東レは、2019年秋冬向けの新素材として、レディース及びメンズのアウターやトップス、ボトム向けからスポーツのアウターやシャツ地まで、織物も編物も含めた幅広いテキスタイルを拡大展開します。

Primeflex(R)は、バネのような3次元的なスパイラル構造をもつバイメタル繊維によるしなやかなストレッチ性を持つ高機能素材で、スポーツやカジュアル向けを中心に展開してきました。従来の紡糸技術では単糸繊度1dtex以上のものしか生産できなかったため、メンズを中心としたカジュアルやスポーツ向けでの展開が中心でした。感性が重要となるオフィスカジュアルやレディースファッションは、従来にはない風合いが求められるため、展開領域の拡大を目指して、新しいPrimeflex(R)の開発に取り組みました。

今回開発したPrimeflex(R)は、ポリマーの最適化に加え、複合紡糸技術NANODESIGN(R)によって、ポリマーの重心を精密に制御した断面形態を設計したことで、2成分バイメタル繊維としては、0.8dtexという世界一細い単糸繊度でありながらも、既存品と同等のストレッチ性を有しています。さらに、テキスタイル化の際には、織編物空隙内での捲縮を細かく均一に発現させる加工技術により、きめ細やかな表面感とスムーズな肌触りを実現しました。

ソフトでしなやかな風合いの新しいPrimeflex(R)の投入により、今後益々ストレッチ素材が要望されるレディース向けやライフスタイル向けに幅広い商品を展開してまいります。

そして、今回の新素材をラインアップに加えたPrimeflex(R)を、グローバルに事業展開するテキスタイル商品のコアブランドと位置づけ、日本のみならずグローバル市場に向けて広く展開してまいります。

新しいPrimeflex(R) の概要は次のとおりです。

   記

1.商品名:Primeflex(R) (かな表記:プライムフレックス)

2.商品特長:

 (1)体の動きに追従する高いストレッチ性

 (2)きめ細やかな表面感とスムーズな肌触り

 (3)ソフトでしなやかな風合い

3.技術内容

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 (1)新しいPrimeflex(R)は、当社が開発した、複合繊維の断面形状を任意にかつ高精度に制御する複合紡糸技術NANODESIGN(R)により開発した2成分バイメタル繊維です。しなやかなストレッチ性を持つ高機能素材です。

 (2)NANODESIGN(R)により、左右に貼り合わされたポリマーの重心を精密に制御し、重心間の距離を最大化することで、ストレッチ性に必要となる3次元的なスパイラル構造を良好に発現させることができました。2成分バイメタル繊維としては0.8dtexという世界一細い単糸繊度でありながらも既存品同等のストレッチ性を有しています。

 (3)芯成分の外側に、極薄で均一の低粘度成分の膜を形成することで、繊維径を細くする際の根本的な課題であった吐出安定性の低下を解消し、量産化に必要となる多フィラメントでの安定的な製造を可能にしました。

 (4)加工設計技術によるストレッチ特性の最大化に加え、織編物空隙内での捲縮を細かく均一に発現させることで、きめ細やかな表面感とスムーズな肌触りを実現しました。

4.特許出願:関連特許含め13件出願済み

5.発売時期:2019年秋冬シーズンより

6.展開用途:

 婦人・紳士衣料用途(アウター、トップス、ボトム、ドレス等)

 スポーツ・カジュアル衣料用途

7.販売計画:

 初年度(2019年度) 500千m (10,000反)

 3年後(2021年度) 2,500千m (50,000反)

以上

※1 複合紡糸技術NANODESIGN(R):

 複数の原料樹脂を極めて多数の微細な流れに一旦分割し、この多数の微細な流れを一気に吐出、合流させる革新的な複合断面形成技術。従来技術では到達できなかったレベルで、複合繊維の断面形態を任意に、かつ高精度に設計することが可能となる。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495854_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報