2018年11月13日(火)

プレスリリース

企業名|産業
東京ガス素材・エネルギー

東京ガス、独RWE社と「相互協力に関する協定」を締結-原料調達等を中心に連携強化

2018/11/9 16:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月9日

ドイツRWE社との「相互協力に関する協定」の締結について

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、本日、欧州の大手総合エネルギー企業である独国アールダブルイー社(以下「RWE」)グループのトレーディング事業会社であるアールダブルイーサプライアンドトレーディング社(以下「RWE Supply&Trading」)と、「相互協力に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。

RWEは、本国ドイツを中心にオランダ、イギリス、チェコ等で幅広く事業を展開する、欧州を代表する総合エネルギー企業です。また、RWE Supply&Tradingは、欧州、アジア、中東でLNGトレーディングへ積極的に取り組むとともに、電力、石油、天候デリバティブや再生可能エネルギーを含む幅広いコモディティ取引に携わる事業者です。

このたび、両社は、戦略的協力関係の実現を目指した本協定を締結することにより、原料調達等を中心とした分野において連携強化を図ります。

また、両社は、本協定を通じた具体的な取り組みの第一歩として、東京ガスが米国から調達するLNGに関し、「LNGの輸送効率向上を通じたコスト削減を目指す枠組み」(以下「本枠組み」)の実現を目指すことに合意しました。本枠組みについては、今後法的拘束力を伴う契約を締結すべく、両社で協議を進めていきます。

東京ガスは、1969年11月4日に日本で初めてLNGを導入しました。2019年、LNGは導入50周年を迎えます。今後も「GPS2020」で掲げた国内外パートナーとのグローバルアライアンスの推進を実施し、LNGバリューチェーンの強化を加速するとともに、これからも安心してお使いいただけるエネルギーをみなさまにお届けしてまいります。

■東京ガス 執行役員 原料部長 比護 隆のコメント

大西洋市場だけでなく、アジア市場も含めた幅広いLNGポートフォリオをもつRWEとの連携により、アジア、北米、欧州の価格指標を跨ぐ柔軟なLNG取引を行い、原料価格の低減と安定化を目指します。今般のような連携を通じてさらなる原料価格の低減を進め、お客さまへご提供する付加価値の拡大に努めてまいります。

■RWE Supply&Trading 最高コマーシャル責任者アンドレー・ストラック(Andree Stracke)様のコメント

本協定の締結により、アジアで最も重要なLNGプレイヤーの一社である東京ガスとの協業深化が実現し幸いです。今後LNGの需要地としての欧州が果たす役割が大きくなるなか、RWEは、東京ガスとの協業促進およびLNGトレーディングの拡充を通じ、LNG市場の拡大に伴って生じる好機を捉えてまいります。

■RWEの概要

RWEはドイツエッセンに本社を構え、ガス・石炭・原子力・水力・再生可能エネルギーによる発電、およびエネルギー関連のトレーディングを行う総合エネルギー企業です。また、2018年3月にRWEは、ドイツE.ON社(エーオン社)との資産交換により、E.ON社およびRWE傘下のInnogy社(イノジー社)の再生可能エネルギー関連事業がRWEに、イノジー社の再生可能エネルギー関連事業を除く事業がエーオン社にそれぞれ継承される計画を公表しました。当該資産交換は2019年末までに完了する予定であり、完了後にはRWEは欧州第三位の再生可能エネルギーによる発電用能力を誇る、従業員数20,000名の企業体となります。

以上

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報