2018年11月15日(木)

プレスリリース

企業名|産業
NTT情報・通信

NTTビズリンク、4K映像を低遅延複数拠点ライブ配信する「4Kユニキャストコピー映像配信ソリューション」を提供開始

2018/11/9 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月9日

「4Kユニキャストコピー映像配信ソリューション」の提供開始および法人向けネットワークサービスへのSDN技術の商用環境下での動作検証に関する共同実験の開始

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:大井 貴、以下NTTビズリンク)は、日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下NTT)が開発したSDN(※1)ソフトウェアスイッチ・ルータLagopus(※2)を利用したFlow Copy-Cast(以下、FCC)システムを活用し、新たに4K映像(※3)の低遅延複数拠点ライブ配信を短期間からご利用いただける「4Kユニキャストコピー映像配信ソリューション」を、2018年10月1日から提供開始いたしました。尚、本ソリューションはInterBEE2018にて展示予定です。

また両社は、法人向けネットワークサービスへのSDN技術のさらなる活用のために、Lagopusをはじめとする高速なソフトウェアパケット処理技術について商用環境下での動作検証に関する共同実験を開始します。

1.背景

昨今、映像配信が個人にも身近なものとなる中、遠隔講義やイベント中継など、法人向け映像配信への需要も高まりつつあります。その中で4Kなどの高精細映像サービスも普及しはじめており、様々な場面で高臨場映像を視聴する機会が増えて参りました。しかし、4K映像を複数拠点へ配信しようとすると、コストや準備期間といった理由により手軽に利用できないという課題がありました。

これまで法人向けに株主総会・社長/幹部講話・製薬会社セミナー・医薬系学会等において映像配信ソリューションをご提供し、お客様のニーズに幅広く対応してきたNTT ビズリンクは、更なる映像配信の利用形態の拡大に対応するため、今回新たに、「4K映像を低遅延ライブ配信で」、「複数拠点に」、「短期間から利用可能な」映像配信ソリューションとして、「4Kユニキャストコピー映像配信ソリューション」をリリースいたします。

「4Kユニキャストコピー映像配信ソリューション」は、NTTが開発したSDNソフトウェアスイッチ・ルータLagopusをベースとするFCCシステムと、インターネットより安心・安全なIPネットワーク(閉域網)と、利用形態に柔軟に対応する配信クラウドとを組み合わせることにより、『4K映像の低遅延複数拠点ライブ配信を短期間から利用』頂くことを可能にします。

NTTは、データセンタから広域ネットワークまで適用可能な性能・機能を備えるSDNソフトウェアスイッチ「Lagopus」を2014年7月に公開し、その後に様々な用途への適用検証を進めて参りました。また、検証を通じて得られた結果をOSS(※4)コミュニティへフィードバックし、ソフトウェア品質の向上にも継続的に取り組んで参りました。

*以下は添付リリースを参照

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495461_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報