2018年11月20日(火)

プレスリリース

セブン銀行・GMO-PGなど、「リアルおつり投資」プロジェクトが金融庁「FinTech実証実験ハブ」支援案件として採用

2018/11/8 17:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月8日

『リアルおつり投資』プロジェクトが金融庁「FinTech 実証実験ハブ」支援案件として採用

~お買い物のついでに。全く新しい形で少額投資の機会を提供~

2018年11月8日-株式会社セブン銀行(本社:東京、代表取締役社長: 舟竹泰昭、以下:「セブン銀行」)、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京、代表取締役社長: 相浦一成、以下:「GMO-PG」)、株式会社ポケットチェンジ(本社:東京、代表取締役: 青山新、以下:「ポケットチェンジ」)、およびTORANOTEC株式会社(本社:東京、代表取締役社長: ジャスティン・バロック、以下:「トラノテック」)の4社で始動する、お買い物で生じたおつりやポケットの中の小銭を簡単に投資に回す『リアルおつり投資』プロジェクトが、金融庁の「FinTech 実証実験ハブ(*)」の支援案件として採択されました。本プロジェクトでは実証実験を通じて、日本の潜在投資家に全く新しい形で少額投資の機会を提供することで、日本の人々の生活に投資を根付かせることを目指すとともに、今後様々なシーンでの活用が期待できる新たな投資手段、及び資金移動手段の検証を行います。

*フィンテック企業や金融機関などが前例のない実証実験を実施し、課題の整理・解決を支援する金融庁のスキーム

※参考画像は添付の関連資料を参照

■プロジェクト概要

実験内容:

 トラノテックの完全子会社であるTORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供するおつりで投資アプリ「トラノコ」のご利用者を対象に、お買い物で実際に生じたおつりやポケットの中の小銭を、そのまま投入できる機械(以下「おつり投入ボックス」)を試験設置。利用者は、おつり投入ボックスでQRコードによるユーザー認証を行い、手元のおつりや小銭を投入した後、トラノコアプリ内で投入金額を確認・承認することで簡単に投資を行うことができるというもの。

おつり投入ボックスの設置場所:丸の内センタービルディング1階(東京都千代田区丸の内一丁目6番1号)他

実施予定期間:2019年2月~4月

(補足)各社の役割

 このプロジェクトを実施するにあたり、おつり投入ボックスの開発をポケットチェンジ、おつり投入ボックスの管理・運営等をセブン銀行、おつり投入ボックスに投入したおつり・小銭データの管理・送金をGMO-PG、投入したおつり・小銭の運用等をTORANOTEC投信投資顧問が担当いたします。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495376_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495376_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報