2019年3月25日(月)

プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

メディアコンテンツファクトリーとNTTドコモ、オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費などを無料提供開始

2018/11/1 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年11月1日

オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費、月額利用費無料提供開始

~医療現場のICT活用を促進~

株式会社メディアコンテンツファクトリー(以下、メディアコンテンツファクトリー)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの新規事業創出プログラム「39works(※1)」のもと、メディアコンテンツファクトリーが提供するオンライン診療サービス「MediTel(※2)」を市場の活性化および本格普及を目的として、2018年11月1日(木)よりシステム導入費、月額利用費を無料(※3)で提供を開始します。

「MediTel」は、患者さまがスマートフォンアプリを用いて、オンライン診察予約、医師とのテレビ電話による診察、クレジットカードによる診察料の決済のほか、自己管理用に日々の健康データを蓄積することが可能なサービスです。医師は遠隔で健康に向けたアドバイス、テレビ電話による診察などが実現でき、オンライン診療をより簡単に行うことができます。

現在、日本の医療現場では、医師不足や医療従事者数の地域格差などの多くの課題が存在しています。また、病院・クリニックの混雑により、継続的な受診が必要な患者さまが通院を諦めるケースもあり、超高齢社会に向けてオンライン診療を中心としたICTの活用によってこれらの課題改善をめざすことが重要視されています。

「MediTel」は2018年1月よりサービスを展開しておりますが、新たなサービスの開発と市場拡大を目的として、サービス提供会社を2018年10月11日(木)より株式会社メディアコンテンツファクトリーに変更いたしました。また、こうした背景を受けて、このたびオンライン診療の本格的普及を目的に、システム導入費と月額利用費を無料に設定し、加えて患者さまもサービス利用費を無料でお使いいただける業界初のサービスとしてリニューアルいたします(※4)。これにより、病院・クリニックは初期負担を抑えてオンライン診療のシステムを導入でき、さらに通院する患者さまにもオンライン診療のメリットを広く提供することが可能になります。

メディアコンテンツファクトリーおよびドコモは、新しい「MediTel」の展開により、オンライン診療の普及をより加速させるとともに、クリニック・患者さまの声を収集しながら、よりよい追加サービスの開発・構築を進めてまいります。

※1 NTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」は、パートナー企業と共創し、企画から開発、運用、保守までを一体で進めながら、高速PDCAにより改善を繰り返し、新ビジネスを創出し、育むプログラムです。( https://www.39works.net

※2 MediTelサイト URL: https://meditel.life/

※3 医療機関には、クレジットカード決済手数料が発生します。

※4 患者さまには、医療機関から診察料などの請求が発生します。

*別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0494780_01.pdf

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報