プレスリリース

企業名|産業
関西電力素材・エネルギー
企業名|産業
三菱商事商社・サービス

三菱商事と関西電力、バイオマス発電事業に着手

2018/10/30 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月30日

バイオマス発電事業の着手について

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、100%子会社である三菱商事パワー株式会社(以下、三菱商事パワー)を通じて、2017年4月に関西電力株式会社(以下、関西電力)と共に「相生バイオエナジー株式会社」を設立し、バイオマス発電の事業化を推進してきました。本日、プロジェクトファイナンスによる融資を受け、バイオマス発電所建設に必要となる詳細設計、機器調達に着手しましたことをお知らせいたします。

本事業は、関西電力が兵庫県相生市に保有する相生発電所2号機(定格出力37.5万kW、2018年4月1日より休止中)の燃料を、重油・原油から木質バイオマスペレットへ変更し、バイオマス発電所を運営するものです。既存設備のボイラー・燃料運搬コンベアなどの改修・新設工事、タービンなどの換装工事を実施し、バイオマスペレットを燃料とする発電所に改造します。営業運転開始は2023年1月、運転期間は20年を予定しております。

本バイオマス発電所は、生物由来の木質バイオマスペレットを燃料に使用することで、二酸化炭素の排出抑制(*)を実現すると共に、再生可能エネルギーの課題である間欠性のない安定的なベース電源としての役割を果たします。

(*)生物由来のバイオマス発電の燃料は、成長段階で吸収したCO2と燃焼時に発生するCO2が等しいという考え方から(=カーボンニュートラル)、バイオマス利用により大気中のCO2を増加することは無いとされます。

三菱商事はグループ各社と共に、国内外で再生可能エネルギー事業を手掛けております。国内においては三菱商事パワーが太陽光発電、風力発電をはじめとした再生可能エネルギー事業を手掛けており、本事業はその一環となります。

三菱商事は、再生可能エネルギーをはじめ、経済価値・社会価値・環境価値の三価値同時実現に資する事業への取り組みを強化しております。2030年までに発電量の20%超を再生可能エネルギー由来とする目標の早期達成を目指します。

【バイオマス発電事業会社概要】

社名:相生バイオエナジー株式会社

設立日:2017年4月5日

所在地:兵庫県

資本金:4.5億円(関西電力:60%、三菱商事パワー:40%)

業務概要:発電設備の設計・建設・運転・維持・管理、電力の供給販売、左記に付帯関連する事業

役員:

 代表取締役  ●野 理(◇)(関西電力株式会社 火力事業本部副事業本部長)

 取締役    岩崎 芳博(三菱商事パワー株式会社 代表取締役社長)

 取締役    槇山 実果(関西電力株式会社 再生可能エネルギー事業戦略室長)

◇「●野 理」の正式表記は添付の関連資料を参照

【相生発電所全影】

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「●野 理」の正式表記

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0494511_01.JPG

相生発電所全影

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0494511_02.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]