2019年1月23日(水)

プレスリリース

ウルシステムズとフレセッツ、事業者向け仮想通貨ウォレット管理システム「Fressets EWM System」を提供開始

2018/10/30 10:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月30日

ウルシステムズとフレセッツ、事業者向け仮想通貨ウォレット管理システム「Fressets EWM System(R)」を提供開始

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)とフレセッツ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:日向 理彦、以下、フレセッツ)はサービス事業者向け仮想通貨ウォレット管理システム「Fressets EWM System(R)」を共同開発いたしました。本日より提供を開始いたします。

昨今、仮想通貨関連の金融サービスに参入する事業者が増えています。サービス提供にあたりハードルとなるのがセキュリティや監査です。仮想通貨を扱うシステムには既存の金融システムと同等以上の安全性やガバナンスが求められる一方、対応が追いつかないケースも散見されます。その結果、杜撰な管理や不正アクセスによる仮想通貨の流出事件も相次いでいます。

今回提供開始した Fressets EWM System(R)はパッケージ型のウォレット管理システムです。入出金や残高照会、トランザクション履歴照会など仮想通貨取引サービスに不可欠な機能をワンストップで提供します。事業者がブロックチェーンなどの関連技術に精通したエンジニアを集めることなく、短期間でサービスを立ち上げられるようにします。動作環境はオンプレミスとクラウドのいずれにも対応しています。

■Fressets EWM System(R)が提供する主な機能

・仮想通貨の入出金、残高照会などの基本機能

・トランザクション履歴照会、出金承認フローなどの管理機能

・マルチシグネチャ対応、ホットウォレット・コールドウォレット連携などのセキュリティ機能

・運用管理機能

ウルシステムズは金融分野においてコンサルティングやインテグレーションの豊富な経験を持っています。今後、Fressets EWM System(R)の導入コンサルティングや業務システムを含めたインテグレーション、ライセンス販売を行います。フレセッツは仮想通貨取引に関する知見を活かして製品の継続的な機能強化と保守・サポートを手掛けます。

今後、両社は仮想通貨取引所や関連事業者に対して同製品を共同で展開してまいります。

■ウルシステムズ株式会社について

ウルシステムズ株式会社は「戦略的IT」のリーディングカンパニーです。ユーザー主導開発(TM)をコンセプトにした戦略的ITコンサルティング事業を展開しています。高い技術力と独自の知的資産を武器に、中立独立の立場でユーザー企業の発注力を強化します。製造、情報通信、公共、金融、流通サービス、旅客交通、情報サービス業を中心に、優良企業に対する数多くの実績を持っています。

■フレセッツ株式会社について

社名は「Frictionless (摩擦がない) Assets (資産)」を短縮したものとなっており、インターネット上で価値を滑らかに摩擦なく動かすことの出来る社会を創ることをミッションとして掲げております。事業内容として 1. 事業者向け仮想通貨ウォレットの開発、2. ブロックチェーン技術者の育成及び資格認定事業、3. 最先端の研究開発を掲げており、世界で最先端のブロックチェーン技術を有する企業を目指しております。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報