プレスリリース

昭文社、おかえり支援サービス「おかえりQR」を販売開始-シール型QRコードで家族・介護者に居場所発信

2018/10/25 16:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月25日

「ご家族にいつもの安心を。」IoT技術で安心をご提供

おかえり支援サービス「おかえりQR」販売開始

~埼玉県の川口市、蕨市、戸田市、さいたま市の99郵便局にて販売~

株式会社昭文社(東京都千代田区、代表取締役社長 黒田 茂夫、東証コード:9475)は、道に迷われた方などを対象に、IoT技術により、シール型QRコード(※1)を読み取ることでご家族、介護者の方に居場所を発信できるおかえり支援サービス「おかえりQR(※2)」を、日本郵便株式会社関東支社(さいたま市中央区、支社長 金子 道夫、以下日本郵便)および明治学院大学(東京都港区、学長 松原 康雄)社会学部 岡本多喜子教授のご協力の下、商品化し、10月26日より埼玉県の川口市、蕨市、戸田市、さいたま市の99郵便局にて販売することをお知らせいたします。

※1 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※2 「おかえりQR」は商標登録出願中です。

なお本サービスは、地域の見守り拠点として地元からの厚い信頼の下、社会貢献に積極的に取り組んでいる日本郵便と、長年培ってきたデジタル地図サービスおよび位置・情報サービスに強みを持つ昭文社が、高齢化が進む社会背景の中、認知症等様々な病気で帰宅が困難になる方やそのご家族、介護者の方に「安心をご提供したい」という強い思いの下、社会福祉学の権威であり、地域で生活する高齢者の環境改善の研究に取り組んでおられる明治学院大学社会学部 岡本多喜子教授がアドバイザーとして参加し、郵便局、一般企業、学術機関が一体となって開発・販売する、大変意義深いサービスです。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0494102_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]