プレスリリース

PayPay、スマホ決済サービス「PayPay」が「Alipay」とサービス連携開始

2018/10/25 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月25日

バーコードを使ったスマホ決済サービス「PayPay」、「Alipay」とサービス連携開始

~「PayPay」加盟店で「Alipay」のQRコード決済に対応し、加盟店のインバウンド消費取り込みを支援~

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が提供する、スマホ決済サービス「PayPay」は2018年10月25日より、中国のアント フィナンシャル サービスグループが提供する世界最大規模のモバイルおよびオンライン決済プラットフォーム「Alipay」とサービス連携し、PayPayの加盟店において、訪日中国人などによるAlipayのQRコード決済サービスを開始します。

訪日中国人は、「Alipay」アプリを起動し、店舗に掲示された「PayPay」のQRコードをスキャンすることで決済することができます。

日本を訪れる中国人観光客は年々増え続けており、2017年には約735万人(※1)が来日、そのインバウンド消費額は1.6兆円(※2)に達しました。「Alipay」は世界最大規模のモバイルおよびオンライン決済プラットフォームで、中国国内のアクティブユーザー数は7億人以上です。中国本土などから来日した「Alipay」ユーザーが、「PayPay」加盟店で決済できるようにすることで、「PayPay」加盟店への訪日中国人の来店を促し、インバウンド消費の取り込みを支援します。

PayPay株式会社は、あらゆる小売店やサービス事業者、ユーザーにスマホ決済の利便性を提供し、日本全国どこでもキャッシュレスで買い物ができる世界を目指してまいります。

※1:出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数の動向」

 ( https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf

※2:出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年(2017年)年間値(確報)

 ( http://www.mlit.go.jp/common/001226297.pdf

■利用可能店舗

「Alipay」アクセプタンスマーク付きの「PayPayコード」設置店でご利用いただけます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■「Alipay」について

アリババグループの関連会社アント フィナンシャル サービスグループが提供する「Alipay」は、世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームです。中国における「Alipay」のアクティブユーザー数は7億人以上となっており、海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを40の国と地域で提供しています。

■「PayPay」の主な特長:

・電子マネー(「PayPay」電子マネーまたは「Yahoo!マネー」)、クレジットカードの2種類から支払い方法を選択できます。

・事業者側が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーが提示したバーコード(1次元バーコード、QRコード)を事業者側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りの決済方式に対応しています。

※「QRコード」は、デンソーウェーブの登録商標です。

※その他、本プレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0494099_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]