プレスリリース

AIG、大規模自然災害による損失見通しを決算発表に先立ち公表

2018/10/19 10:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月19日

AIG、大規模自然災害による損失見通しを決算発表に先立ち公表

(訳文)

2018年10月18日(ニューヨーク発):アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(ニューヨーク証券取引所銘柄:AIG)は本日、2018年第3四半期の再保険金受け取り後の税引前の大規模自然災害による損失は、約15億ドルから17億ドルになる見通しを発表した。この損失は、台風21号と24号を含む日本における複数の自然災害を中心に、ハリケーン「フローレンス」の影響や、カリフォルニアでの土砂災害の損失見込の更新による影響を受けたものである。結果として、再保険金受け取り後の税引前の大規模自然災害による損失は、日本とアジア地域における複数の自然災害に関して約9億ドルから10億ドルとなり、北米の自然災害に関しては約6億ドルから7億ドルとなる見込みである。これに加え、ハリケーン「マイケル」による初期段階の損失見積りは、再保険調整後で約3億ドルから5億ドルになる見込みで、2018年第4四半期の営業業績に反映される予定である。なお、これらの大規模自然災害による損失には、ヴァリダス・ホールディングスとその関連会社における損失見込みも含まれている。AIGは、北米大規模災害集積再保険プログラムについて、カリフォルニアの土砂災害とハリケーン「フローレンス」に加えて、ハリケーン「マイケル」に関する損失見込をハイエンドな水準で反映すると、7億5000万ドルの残余額のうち、約7億ドルを使いきることになると推測している。北米大規模災害集積再保険プログラムについては、2017年度のForm 10-Kに基づくアニューアルレポートの「Item 7, MD&A - Enterprise Risk Management - Insurance Risks」をご参照いただきたい。

AIGの社長兼 CEOのブライアン・デュパロウは次のように述べている。「各地で起こった災害で被災された皆さまにお悔みとお見舞いを申し上げます。AIGは、世界中のお客さまが必要とする生活再建、復興のために常に迅速に対応いたします。北米の再保険ポートフォリオを再構築する当社の努力が、大規模自然災害による損失に対する当社のエクスポージャーを軽減するために望ましい結果を生み出しています。グローバルなプロテクション施策をさらに進化させる方法を模索しつつ、長期的に持続可能で収益性のある成長の実現に注力してまいります。」

この暫定推定値は少なからぬ判断を基に算出した部分を含む。損失を左右する要因は複雑であることから、これらの事由に関連するAIGの最終的な損失は推定値と一致すると保証するものではなく、大幅に異なる可能性もある。

AIGは米国東部時間で2018年11月1日(木)の午前8時から、第3四半期決算に関する電話会見を開催する。この会見には、AIGの公式Webサイト( https://www.aig.com )のIRページを通したWebcastでお聴きいただくことができる。また録音を、同サイト上からお聴きいただくことも可能である。

本プレスリリースには、将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの記述は過去の事実ではなく、将来の事象に関するAIGの見解のみを表しており、その多くは性質上、本質的に不確実なものでありAIGに制御可能な範疇を超えています。実際の結果は、これらの記述によって示唆される予想される結果と(場合によっては大きく)異なる可能性があります。実際の結果がかかる将来の見通しと(場合によっては大きく)異なる要因は、1934年証券取引所法に基づき、AIGが定期的に米国証券取引委員会に対して提出する書類に記載されます。

AIGグループは、世界の保険業界のリーダーであり、80以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。

持株会社AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の証券取引所に上場しています。

AIGの追加情報については http://www.aig.com |You Tube : http://www.youtube.com/aig | Twitter : @AIGinsurance https://twitter.com/AIGinsurance |LinkedIn : http://www.linkedin.com/company/aig を参照ください。AIG に関する追加情報を記載しているこれら参照先は便宜上提供されており、かかるウェブサイトに記載されている情報は、参照することにより本プレスリリースに組み込まれていません。

AIGとは、AIG, Inc.傘下の全世界の損害保険、生命保険、リタイヤメント・サービス事業ならびに一般的な保険事業のマーケティング名です。より詳細な情報については当社のホームページ( http://www.aig.com )を参照ください。全ての商品およびサービスはAIG, Inc.傘下の子会社または関連会社により引き受けまたは提供されています。これらの商品およびサービスは一部の国では利用できない可能性があり、実際の契約に準拠します。保険以外の商品・サービスは、独立した第三者によって提供されることがあります。一部の損害保険の補償については、サープラス・ラインの保険会社によって提供される可能性があります。サープラス・ラインの保険会社は、一般的に米国州政府保証基金に加入しないため、当該基金による保証は行われません。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493564_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]