プレスリリース

ウエスタンデジタル、新型3D NAND組み込みフラッシュドライブを高耐久性車載用ストレージソリューションに追加

2018/10/18 12:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月18日

ウエスタンデジタル、UFS規格準拠の新型3D NAND組み込みフラッシュドライブで最先端車載システムを実用可能に

信頼性やパフォーマンスが向上し、さらに大容量となった新しいWestern Digital iNAND(R) AT EU312 UFS EFD、次世代のコネクテッドカーで求められるデータ需要に対応

データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダーであるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は本日、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転といった最先端の車載システムに対応するため、初の3D TLC NAND車載用UFS組み込みフラッシュドライブを同社の高品質、高耐久性車載用ストレージソリューションのポートフォリオに加えることを発表しました。Western Digital iNAND(R) AT EU312 EFD( http://www.westerndigital.com/automotive-inand-ufs?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=inandat&utm_content=na&utm_term=eu312 )(注1)は、確立されたUFS 2.1インタフェースをベースとしており、大容量かつ当社の現行e.MMC製品に対し最大2.5倍の高い性能を備えているだけでなく、車載グレードに求められる厳しい品質や信頼性の水準も満たしています。

コネクテッドカーでは、デジタルクラスター、インフォテインメント、3Dマップやナビゲーション、テレマティクス、ADASといったアプリケーションにより生成、解析、アクセスされる膨大なデータをサポートするために、高速かつ信頼性のある、より大容量のデータストレージを必要としています。Western Digital iNAND AT EU312 EFDは、リアルタイムおよびオフラインでのデータ解析のために、常にデータの生成やストリーミングが行われている車両およびインフラストラクチャシステム双方のV2X環境で稼働するように設計されています。

ウエスタンデジタルのプロダクトマーケティング担当シニアディレクター、オデッド・サギーは次のように語っています。「近代的な車両には、マシンビジョン、3Dマッピング、マルチカメラやマルチセンサーをベースとしたシステム、AIデータベースといった膨大なデータを使用する機能が次々に追加されており、より大容量で高速、さらに信頼性の向上したデータストレージのニーズが飛躍的に拡大しています。Western Digital iNAND AT EU312 EFDには、ウエスタンデジタル独自のNANDフラッシュコントローラー、ファームウェア、組み立てや試験を基に構築された最先端の3D TLC NAND技術など、16年以上におよぶ自動車業界における設計の実績が生かされています。本製品は、自動車業界のOEM企業やティア1サプライヤーに対し、将来的なモビリティエクスペリエンスの礎となる、ストレージ容量の拡張性、性能、信頼性を提供します。

■Western Digital iNAND AT EU312 UFS EFDの特徴:

・大容量:記憶容量:16GB~256GB、3D NAND技術を採用

・性能:最大550MB/秒の書き込み速度、最大800MB/秒の読み取り速度(*)

・車載グレードの品質および信頼性:強固なエラー訂正コード(ECC)を含めた最先端のメモリー管理ファームウェア&ハードウェアを搭載。JEDEC47、ISO26262、AEC-Q100グレード3および2に準拠

・OEM向け拡張機能:強化された電源瞬断耐性、高性能ヘルスステータス監視、拡張SLCLUN、OEM向けにカスタマイズされたブートパーティショニングなどの車載用途に特化した先進的な機能セット

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493474_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]