2019年9月18日(水)

プレスリリース

東北大、異分野融合による新規触媒を発見

2018/10/20 3:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月20日

異分野融合による新規触媒の発見

貴金属の代替と触媒機能のメカニズム解明に期待

●「ホイスラー合金」という特殊な合金群において優れた触媒を発見。

●貴金属代替触媒を開発できる可能性。

●構成元素の調整により触媒機能をチューニング可能。

●合金の触媒機能のメカニズム解明につながる可能性。

【概要】

近年、整数組成比で規則的な原子配列を有する「金属間化合物(AmBn)」がユニークな触媒機能を示すことから新規触媒として注目を集めています。金属間化合物の一種である「ホイスラー合金(X2YZ)」は、磁性・スピントロニクス材料、熱電材料および形状記憶合金として有名ですが、触媒としては無名でした。

元々磁性材料を専門とする学際科学フロンティア研究所の小嶋隆幸助教は、本合金の触媒としての可能性に着目し、多元物質科学研究所の蔡安邦教授および亀岡聡准教授と共同で研究を進め、アルキンの選択水素化反応に対して優れた触媒になることを発見したとともに触媒機能の精密制御が可能であることを示しました。さらに、鹿児島大学の藤井伸平教授および物質・材料研究機構の上田茂典主任研究員と協力して機能性のメカニズムに迫りました。

本成果は貴金属を用いない高機能触媒の開発につながるとともに、不明な点が多い金属間化合物の触媒機能のメカニズム解明にも貢献すると期待されます。なお、成果の詳細は米科学誌 Science の姉妹誌である「Science Advances」にオンライン公開されます(2018 年 10 月 20 日、日本時間午前 3 時、オープンアクセス)。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493264_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。