2018年12月14日(金)

プレスリリース

オウケイウェイヴ、Q&Aサイト「OKWAVE」を全世界に向け多言語化

2018/10/12 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月12日

Q&Aサイト「OKWAVE」を全世界に向け多言語展開へ

「感謝経済」プラットフォームの世界展開も合わせて開始

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」( https://okwave.jp/ )を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)は、2018年10月末までに「OKWAVE」を101言語におよぶ多言語化を実施するとともに、当社が「OKWAVE」を軸に進める独自トークンを用いた新しい経済圏「感謝経済」プラットフォームの世界展開に向けたパートナー開拓を開始します。

このたびのQ&Aサイト「OKWAVE」の多言語化の取り組みは、日本政府が策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」(2016年)にて2020年の訪日外国人旅行者数の目標を2015年実績の約2倍となる4,000万人に置いていることを背景に、国内観光、日本文化、生活など多岐にわたる3,600万件以上のQ&Aを多言語化して提供することで、外国人旅行者の訪日体験をよりよいものへと支援することを企図しています。

また、既存のQ&Aコンテンツの多言語化のみならず、新規に投稿されるQ&Aも多言語で実施できるようにしていきます。

さらに、「OKWAVE」の多言語化に合わせて、当社が「OKWAVE」を軸に外部企業に参画を呼びかけながら拡張を進めている、独自トークン「OK-チップ」を用いた新しい経済圏「感謝経済」プラットフォーム(※1)の世界展開に向けたパートナー開拓を開始します。

パートナー企業等を通じて「感謝経済」プラットフォームの各国におけるローカライズと参画企業の発掘を行う考えです。そして、訪日旅行を計画する方と訪日経験のある方、日本在住の方が「OKWAVE」にて質問と回答によるコミュニケーションを言語の壁を超えて実施し、回答者に「OK-チップ」を贈り合い、利用できる仕組みを構築することで、当社が目指す互い助け合いの場を世界規模に拡大していきます。

多言語化により、世界規模に展開されるQ&Aコンテンツは、当社が今後展開していく「FAQ自動作成システム」プロジェクト(※2)においても、ビッグデータとして活用するとともに、Q&Aを実施していただいた方に対して「OK-チップ」を通じて報いていきます。

当社は「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ために、「OKWAVE」ならびに「感謝経済」プラットフォームを通じて、困りごとの解決を通じて、感謝の気持ちの価値化を図り、人々がより創造的な活動ができるような社会になるように務めてまいります。

※1 「感謝経済」プラットフォームは、世の中を感謝であふれる社会にし、感謝されている人が報われる社会の実現を目的に当社が中心となって構築している新経済圏です。2018年9月の「感謝経済」発足時にはメーカー、飲食、小売、サービス業などの企業や医療機関など19社が参画しています。感謝の気持ちを添えてユーザー同士が贈り合うサイト内トークン「OK-チップ」を、賛同する企業の提供する優待などと交換することができます。

 「感謝経済」公式サイト: https://thanks-economy.com/

※2 「FAQ自動作成システム」プロジェクトは、世界中に散らばった知識を自動的にFAQ(よくある質問とその回答)としてまとめ、利用者とともに活用していくプロジェクトです。日本はもちろん世界中の様々な言語による数億件ものインターネット上のQ&Aデータを当社の次世代AI「KONAN2」が分析し、自動作成したFAQを当社オリジナルブロックチェーン「Thor's Hammer」(トゥールハンマー)上に構築します。

■「OKWAVE」の対応予定言語

日本語/アイスランド語/アイルランド語/アゼルバイジャン語/アフリカーンス語/アムハラ語/アラビア語/アルバニア語/アルメニア語/イタリア語/イディッシュ語/イボ語/インドネシア語/ウェールズ語/ウクライナ語/ウズベク語/ウルドゥ語/エストニア語/エスペラント語/オランダ語/カザフ語/カタルーニャ語/ガリシア語/カンナダ語/ギリシャ語/キルギス語/グジャラト語/クメール語/クルド語/クロアチア語/コーサ語/コルシカ語/サモア語/ジャワ語/ジョージア(グルジア)語/ショナ語/シンド語/シンハラ語/スウェーデン語/ズールー語/スコットランド ゲール語/スペイン語/スロバキア語/スロベニア語/スワヒリ語/スンダ語/セブアノ語/セルビア語/ソト語/ソマリ語/タイ語/タガログ語/タジク語/タミル語/チェコ語/チェワ語/テルグ語/デンマーク語/ドイツ語/トルコ語/ネパール語/ノルウェー語/ハイチ語/ハウサ語/パシュト語/バスク語/ハワイ語/ハンガリー語/パンジャブ語/ヒンディー語/フィンランド語/フランス語/フリジア語/ブルガリア語/ベトナム語/ヘブライ語/ベラルーシ語/ペルシャ語/ベンガル語/ポーランド語/ボスニア語/ポルトガル語/マオリ語/マケドニア語/マラーティー語/マラガシ語/マラヤーラム語/マルタ語/マレー語/ミャンマー語/モンゴル語/モン語/ヨルバ語/ラオ語/ラテン語/ラトビア語/リトアニア語/ルーマニア語/ルクセンブルク語/ロシア語/英語/韓国語/中国語(簡体)/中国語(繁体)

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

◆株式会社オウケイウェイヴについて

株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」( https://okwave.jp/ )を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業が回答する「OKWAVE Professional」( https://okwave.jp/professional )なども提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ.for FAQ/Helpdesk Support」( https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/ )、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ.for Community Support」( https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-cs/ )、さらにはAIエージェントサービス「OKBIZ.AI Agent」( https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-agent/ )などを大手企業、自治体など500サイト以上に導入しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。今後は3,600万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットの各技術を組み合わせて、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報