2018年12月16日(日)

プレスリリース

J:COM、東京ガスと提携し都市ガス小売サービスを提供開始

2018/10/12 15:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月12日

東京ガスと提携、J:COMの関東エリア42局で提供

「J:COMガス」2019年度上期 申し込み受付スタート

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)は、このたび東京ガス株式会社(東京ガス、本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 高史)の取次事業者として、当社サービスエリアのうち東京ガスの都市ガス供給エリアにおいて、都市ガス小売サービスを提供することとなりました。本サービスについては、2019年度上期に申し込み受付開始を予定しています。

J:COMは、「J:COM Everywhere」構想のもと、ケーブルテレビ、インターネット、電話、モバイル等の放送・通信サービスを核にして、地域のお客さまの生活に役立つ様々なサービスを"ワンストップ"で提供することを目指しています。2016年4月には、低圧電力小売事業に参入、2017年4月からは関西地区において、大阪ガスの取次事業者として都市ガス小売サービス「J:COM ガス Supplied by 大阪ガス」を提供しています。

このたびの東京ガスとの提携により、J:COMの関東エリア48局のうち42局で「J:COM ガス」を販売することになります。J:COMは、生活に欠かせないライフラインである「電気」に続き「ガス」も提供することにより、関東エリアにお住まいのお客さまとの接点を強化し、今後もお客さまの暮らしを支える地域密着のサービスを展開していきます。

ケーブル多チャンネル放送をはじめとするJ:COM サービス(長期契約プラン)とあわせてご契約いただくお客様には、J:COM サービスのご利用料金からの割引を行う予定です。

本サービスの概要と申し込み受付開始日時につきましては、決まり次第、速やかに発表いたします。

【関東エリア「J:COMガス」提供予定局】

J:COM 西東京、J:COM 相模原・大和、J:COM 板橋、J:COM 群馬、J:COM 調布、J:COM 町田・川崎、J:COM 世田谷、J:COM 江戸川、J:COM かながわセントラル、J:COM 横浜、J:COM 小田原、J:COM 東京 東エリア、J:COM 東京 南エリア、J:COM 東京 西エリア、J:COM すみだ・台東、J:COM 東京北、J:COM 湘南(湘南局、横須賀局、鎌倉局)、J:COM さいたま(さいたま南局、さいたま北局)、J:COM 所沢、J:COM 東上、J:COM YY 船橋習志野、J:COM 木更津、J:COM 茨城、J:COM 足立、J:COM 大田、J:COM 埼玉県央、J:COM 越谷・春日部、J:COM 草加、J:COM 熊谷・深谷、J:COM 東葛・葛飾、J:COM 川口・戸田、J:COM 千葉セントラル、J:COM 中野、J:COM 八王子、J:COM 日野、J:COM 多摩、J:COM 港・新宿、J:COM 武蔵野・三鷹、J:COM 南横浜

*横浜ケーブルビジョンは東急パワーサプライの都市ガスサービスの代理販売を実施済

*J:COM 市川、J:COM 東関東、J:COM 秦野・伊勢原、J:COM 浦安、J:COM 川越は東京ガスの都市ガス供給区域外

■ジュピターテレコムについて http://www.jcom.co.jp/

株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの26社73局を通じて約545万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,153万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IP マルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。

※上記世帯数は2018年9月末現在の数字です。

◇関連リリースは添付資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

関連リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493039_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報