2018年12月11日(火)

プレスリリース

東大、エルニーニョ・南方振動が潮汐18.6年周期振動と連動している証拠を発見

2018/10/12 18:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月12日

エルニーニョ・南方振動が潮汐 18.6年周期振動と連動している証拠を発見

1.発表者:安田 一郎(東京大学大気海洋研究所 教授)

2.発表のポイント:

◆不規則に数年の間隔で生じ、1年以上先の予測が困難であったエルニーニョ・南方振動(ENSO:注1)の発生が、月の公転軌道の18.6年周期で生じる潮汐(注2・注3)の変動と連動しており、日周潮汐が極大となる年を0年目として、1、10、13年目にエルニーニョ、3、12、16年目にラ・ニーニャが起きやすい傾向があることを発見しました。

◆ENSOと18.6年周期潮汐振動との関係を世界で初めて明らかにしました。これまでENSOと18.6年潮汐振動の間には、日周潮汐振幅が極小となる時期に強いエルニーニョが起きる、という研究がありましたが、統計的に有意な結果ではありませんでした。

◆ENSOはテレコネクションを通じて全球規模の気候変動に大きな影響を与え、人間社会への影響も大きい現象です。本研究は、ENSOと18.6年潮汐振動の間の関係を明らかにしたことにより、長期のENSOの予測に寄与することが期待されます。

3.発表概要:

エルニーニョ・南方振動(El-Nino and Southern Oscillation(◇): 今後 ENSOと略)は、太平洋赤道・熱帯域で発生する現象ですが、その影響は全球に及び、社会に対する影響も大きいため、これまで多くの研究がなされてきました。一方、1年を超える長期予測は難しいのが現状です。本研究では、月の公転軌道面が18.6年周期で変動することに起因する1日・半日周期の海洋潮汐の振幅が18.6年周期で変動することに対応して、エルニーニョやラニーニャが起きやすい潮汐年があることを発見し、潮汐18.6年振動とENSOの関係を初めて示しました。1日周期の潮汐振幅が極大となる年を0年としたとき、エルニーニョは1、10、13年目、ラニーニャが3、12、16年目に起きやすい傾向が見られました。原因については今後の課題ですが、潮汐が強いインドネシア海域における8月の海面水温が18.6年周期で長周期変動しており、インドネシアでの潮汐変動から発生する18.6年の1/5周期である3.7年周期変動が関係している可能性が推測されました。

◇「El-Nino and Southern Oscillation」の正式表記は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「El-Nino and Southern Oscillation」の正式表記

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492627_01.JPG

添付リリース(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492627_06.pdf

添付リリース(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492627_07.pdf

添付リリース(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492627_08.pdf

添付リリース(4)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492627_09.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報