プレスリリース

企業名|産業
日本ケミコン電機

日本ケミコン、米反トラスト違反の疑いに関して法米司法省との司法取引による罰金額が60百万米ドルに確定

2018/10/5 15:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月5日

米国司法省との司法取引及び特別損失の計上について(開示事項の経過)

1.司法取引の承認

当社は、米国司法省との間で、電解コンデンサに関する価格カルテル及び談合行為に係る米国反トラスト法違反の疑いに関して、罰金の支払い等を内容とする司法取引に合意することを決定し、平成30 年5月10 日付で適時開示を行っておりました。

平成30 年10 月3日(米国時間)米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所の承認手続を経て、かかる司法取引の合意により支払う罰金額が60 百万米ドルに確定しましたので、お知らせいたします。

2.業績への影響

今般の司法取引の合意の決定に伴い、既に平成30 年3月期決算において特別損失40 百万米ドル(約42 億円)を計上しておりましたが、当期において、さらに特別損失20 百万米ドル(約23 億円)を計上する予定です。

なお、業績に与える影響につきましては、現在精査中であり、見通しがつき次第速やかに開示いたします。

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]