2018年12月15日(土)

プレスリリース

企業名|産業
りそな銀行金融・保険

りそな銀行、新送金サービス「Money Tap(マネータップ)」との連携を開始

2018/10/4 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月4日

新送金サービス「Money Tap(マネータップ)」との連携開始について

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)は、「内外為替一元化コンソーシアム(※1)」で開発した個人向け新送金サービス「Money Tap(マネータップ)(※2)」との連携を本日より開始しましたのでお知らせいたします。

この「Money Tap(マネータップ)」による送金サービスは、当初、りそな銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行の口座間でスタートし、対応する金融機関は今後も順次拡大していく予定です。

●かんたん・安心!チャージ不要の銀行送金アプリ

口座番号の他に電話番号やQRコード(※3)を使った送金が可能です。また、指紋等の生体認証との組み合わせにより、ユーザーエクスペリエンスと高い安全性を実現しています。銀行口座から銀行口座へ直接送金できるため、アプリにチャージする手間や手数料はかかりません。

●24時間365日、リアルタイムでおトクに送金!

ブロックチェーン関連技術(分散型台帳技術)を活用した新しい仕組みにより、いつでもすぐに送金が完了します。りそな銀行内の送金手数料は無料、他行宛送金手数料も54円(税込、2019年3月31日まではキャンペーンで無料)と、おトクです。

【アプリのイメージ】

*添付の関連資料を参照

※1 ブロックチェーン関連技術(分散型台帳技術)等の新技術を活用することで内国為替と外国為替を一元化した24時間リアルタイムでの送金インフラ構築を目指して、2016年10月に国内金融機関が参加し発足しました。

※2 利用者による個人間のリアルタイム送金を可能にするスマートフォン向けアプリです。

※3 QRコードの商標は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

なお、Money Tap(マネータップ)の機能等については、公式サイト( https://moneytap.jp/ )をご覧ください。

以上

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

アプリのイメージ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492436_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492436_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報