プレスリリース

ANAホールディングス、MRO Japanの第三者割当増資を引き受け

2018/9/28 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月28日

MRO Japan株式会社への第三者割当増資について

~沖縄へ移転し、航空機整備事業を拡大~

ANAホールディングス(以下ANAHD)は、2015年6月に設立したMRO Japan株式会社(以下MRO Japan)が実施する第三者割当増資に対して、本日付で増資を引き受けいたします。MRO Japanは資本が増強され念願であった沖縄事業所での事業展開が可能となり、新たな第一歩を踏み出すこととなります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

MRO Japanは、これまでANAHDの100%子会社として、大阪事業所においてANAグループの機材を中心とした航空機整備事業を行ってまいりました。本年11月以降、沖縄県が建設を進める那覇空港内の格納庫に事業所を移転いたします。東アジアの中心に位置する那覇空港の地理的優位性と地域のサポートを活かして、ANAグループの機材はもとより、アジアの航空市場の成長に伴い拡大が見込まれる国内外の航空機整備需要を取り込んでいきます。

航空機関連メーカーや沖縄県の企業との資本提携により、高品質な航空機サービスを実現することで事業を拡大し、地元における雇用の創出、航空産業振興と地域創生に貢献しながら、日本を代表する航空機整備専門会社を目指します。

【増資後の会社概要】

本店所在地:沖縄県那覇市

資本金・資本準備金:10億円(今回の増資額 9億9000万円)

株主構成:ANAHD 45%、(株)ジャムコ 25%、三菱重工業(株) 20%、特殊法人 沖縄振興開発金融公庫 2%、(株)琉球銀行 2%、(株)沖縄銀行 2%、(株)沖縄海邦銀行 2%、沖縄電力(株) 2%

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491848_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]