2018年12月14日(金)

プレスリリース

企業名|産業
中外製薬医薬・医療

中外製薬と米イーライリリー、GLP-1 受容体作動薬「OWL833」に関するライセンスを締結

2018/9/27 10:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月27日

中外製薬とイーライリリー・アンド・カンパニーによるGLP-1 受容体作動薬「OWL833」に関するライセンスの締結について

-本契約によりリリーの持つ業界を代表する糖尿病ポートフォリオを強化-

-中外創製の経口 GLP-1 受容体作動薬が、第I相臨床試験をまもなく開始-

中外製薬株式会社( https://www.chugai-pharm.co.jp/index.html )(本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗、以下、中外製薬)とイーライリリー・アンド・カンパニー( http://www.lilly.com/ )(本社:米国・インディアナポリス、社長 CEO:デイビッド・A・リックス、以下、リリー)は中外製薬の非ペプチド型経口GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)受容体作動薬であるOWL833に関するライセンス契約を締結したことを発表しました。OWL833は2型糖尿病の治療薬として中外製薬により創製され、今後、リリーにより第I相臨床試験が開始される予定です。

本契約により、リリーはOWL833に関する全世界の開発権および販売権を取得します。中外製薬はリリーより5,000万米ドルの契約一時金を受け取り、今後の開発の進捗度合いに応じて追加の支払いを受け取ることになります。また、上市成功後には、中外製薬はさらに売上額に応じたロイヤルティを受け取ります。

リリーシニアバイスプレジデントおよびリリー・リサーチ・ラボラトリーズプレジデントのダニエル・スコフロンスキーは「糖尿病治療のグローバルリーダーとして、リリーは糖尿病患者さんのために次世代治療薬の開発に取り組んでいます」と語っており、「今回、中外製薬からもたらされた素晴らしい新たな挑戦は、糖尿病患者さんの転帰を改善するための大きな一歩となり得ます」と述べています。

中外製薬上席執行役員プロジェクト・ライフサイクルマネジメント共同ユニット長の伊東 康は「糖尿病治療において世界をリードするリリーとOWL833のライセンス契約を締結できたことを大変嬉しく思います」と語っており、「OWL833は非ペプチド型経口GLP-1受容体作動薬のカテゴリーにおいてベストインクラスを目指しており、今後リリーによる臨床開発によって同剤の価値がさらに高められ、糖尿病患者さんに貢献するものと信じています」と述べています。

本契約による中外製薬の2018年12月期業績予想の変更はありません。

本契約は米国会計基準(GAAP)に基づいたリリーの業績および業績予想に反映されることになりますが、通常の取引完了条件を満たすことが条件となります。本契約による、2018年度のリリーの非GAAPによる1株当たり利益(EPS)予想に変更が生じることはありません。

本取引の実行は、競争当局の承認等を条件とする可能性があります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491559_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報