/

富士通アドバンストエンジニアリング、データダイオードをOSレスで実現する通信制御モジュールを開発

発表日:2018年9月26日

データダイオードをOSレスで実現する通信制御モジュールを開発

~テロ対策特殊装備展(SEECAT)'18に出展~

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 恒雄、以下 当社)は、外部ネットワークから侵入不可能なデータダイオードをOSレスで実現する通信制御モジュールを開発しました。

本モジュールは、OSやCPUを使用しないことでソフトウェアによる脆弱性リスクを完全に排除します。加えて、信号線を物理的に切り離し片方向通信に制限することで、堅牢性の高い通信を実現します。このモジュールを制御システムセキュリティ装置に組み込み、実用化に向けて取り組んでいます。

なお、通信制御モジュールの年内販売開始に先駆けて、10月10日(水曜日)~12日(金曜日)に東京ビッグサイトにて開催される、国内唯一テロ対策に特化した展示会、テロ対策特殊装備展(SEECAT)'18に出展します。

【開発の背景】

国際的に重要インフラ/社会インフラなどの制御システムのIoT化が進んでいます。

従来、このような制御システムは外部とは接続されないクローズした環境にあり、サイバー攻撃を受け難いと考えられていました。

しかし、IoTの進展に伴い、汎用OSや標準プロトコルの採用による外部ネットワークとの接続が主流となりサイバー攻撃を受ける危険性が高まっています。

海外では石油プラントや核施設などが大きな被害を受けた事例もあり、日本でも2020年の東京オリンピックを前にサイバー攻撃の急増が懸念されています。

対策として、広く使われているのがファイアウォールと呼ばれるソフトウェアですが、現実には設定の抜け道をくぐって侵入されており、破られてはセキュリティパッチを当てるイタチごっこが続いています。

当社は、このような状況下で、ソフトウェアの脆弱性リスクがない通信制御モジュールの開発に取組みました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491449_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン