2019年1月23日(水)

プレスリリース

企業名|産業
ロート製薬医薬・医療

ロート製薬、「白目のたるみ」予防に有効なエラスチン線維形成を促進する成分を発見

2018/9/25 17:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月25日

加齢によって「肌」だけではなく「白目」もたるむ

~「白目のたるみ」予防に有効なエラスチン線維形成を促進する成分を新発見~

目の老化現象に関する基礎研究から

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役会長兼社長:山田邦雄)は、目の老化現象のひとつである白目の表面を覆う膜(結膜)のたるみ(以下、白目のたるみ)について、基礎研究を行ってまいりました。その中で、L-アスパラギン酸カリウムが結膜線維芽細胞において、エラスチン線維の構成因子である Fibulin5(以下 FBLN5)の産生を促進し、エラスチン線維形成を促進することを発見しました。このことから、L-アスパラギン酸カリウムは結膜の弾性や伸縮性を向上し、「白目のたるみ」予防に寄与することが期待できます。なお、今回の発見に関しては特許を出願中です。

■研究の背景

当社は 1909 年に初代目薬「ロート目薬」を発売して以来、疲れ、かすみ、乾き、アレルギーなど、「目」に関して様々な角度から研究に取り組んでまいりました。そのような研究に取り組む中で、今回は加齢とともに多くの方が発症する「白目のたるみ」といった現象(結膜弛緩(けつまくしかん))に着目しました。結膜弛緩の原因は特定されておりませんが、「加齢による結膜のエラスチン線維の変性・減少」、「物理的刺激(瞬きやコンタクトレンズなど)」、「炎症」などが影響すると報告されており、ドライアイや異物感、充血など様々な症状につながることが知られています。「肌のたるみ」に着目した基礎研究・素材開発を長年進めてきた当社は、肌の研究で得られた知見を活かし、本研究で結膜線維芽細胞を用い、「白目のたるみ」に関与するエラスチン線維の形成を促進する成分を探索致しました。

[用語解説]

・エラスチン線維:

組織の弾性や伸縮性、形状を保つために必要な弾性線維の一つ。FBLN5 を含む数種の因子の複合体からなります。年齢とともに結膜のエラスチン線維量が減ることが分かっています。

・FBLN5:

線維芽細胞から産生される、エラスチン線維の構成因子の一つ。年齢とともに結膜の FBLN5 の量が減ることが分かっています。ひだになって垂れ下がる余剰皮膚を特徴とする皮膚弛緩症の原因遺伝子の一つです。

・結膜線維芽細胞:

結膜の弾性や形状の維持に重要な、コラーゲンやエラスチン線維の構成因子となるタンパク質(FBLN5 やトロポエラスチン等)を産生する細胞。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491363_01.pdf

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報