2018年11月13日(火)

プレスリリース

企業名|産業
森永製菓食品

森永製菓、「アイスボックス<グレープフルーツ>」を再販売

2018/9/14 17:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月14日

「アイスボックス<グレープフルーツ>」9月17日(月)より再販売

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井 徹)は、梅雨明け以降、連日の猛暑の影響で、販売が予想を大きく上回ったことから、7月下旬より販売休止させていただいていた「アイスボックス<グレープフルーツ>」を9月17日(月)より再販売いたします。

商品名:アイスボックス<グレープフルーツ>

種類別:氷菓

内容量:135ml

参考小売価格:100円(税別)/108円(税込)

発売日:9月17日(月)より再発売

発売地区:全国/全ルート

JANコード:4902888341731

*商品画像は添付の関連資料を参照

「アイスボックス<グレープフルーツ>」は、1989年より発売している、グレープフルーツ味のクラッシュ氷です。氷菓ならではの高い冷却効果を活かし、2015年より日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」の公式アイテムとして、暑さ対策を啓発しております。またドリンクやアルコールと合わせて楽しんでいただく氷としても活用いただいております。

更に、長きに渡り、株式会社コバヤシ(東京都台東区浅草橋、代表取締役社長・小林 達夫)が製造販売するオパレイ容器を採用しています。オパレイ容器(※1)は、プラスチック樹脂にタルク(ケイ酸マグネシウム)を混ぜることにより燃焼生成ガスがプラスチックの半分以下(※2)という実験結果も報告されてる環境にやさしい素材です。

「アイスボックス」は、今後も皆様のご要望に応えられるよう計画的に製造し「熱中症ゼロ」への啓発活動や、地球環境への配慮を継続してまいります。

※1 オパレイは(株)コバヤシの登録商標です。

※2 (財)化学物質評価研究機構試験結果より 二酸化炭素の発生量がプラスチック2,950(mg/g)に対し、オパレイは、1,420(mg/g)

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490640_01.jpg

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報