2018年11月20日(火)

プレスリリース

エボラブルアジア、東京都内でマンスリーマンションの運営を行うレジデンストーキョーと資本業務提携

2018/9/14 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月14日

東京都内でマンスリーマンションの運営を行う株式会社レジデンストーキョーと資本業務提携

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、東京都内で約500室のマンスリーマンションを運営し、全国約4,000室のマンスリーマンション事業者と提携している株式会社レジデンストーキョー(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:野坂 幸司、以下レジデンストーキョー社)と資本業務提携を行うことについて合意いたしましたので、お知らせいたします。

■レジデンストーキョー社とは

レジデンストーキョー社は、全国約4,000室のマンスリーマンション事業者との提携による紹介ネットワーク(Best Room for You(BR4U):https://www.tokyo-monthly.jp/br4u/ )を構築しているほか、運営のノウハウを活かし、滞在型宿泊マーケットにフォーカスした物件の開発も積極的に行っております。同社が自社で運営する物件は都内に約500室を超え、マンスリーマンションとしては都内トップクラスのシェアを持っております。

同社では、外国人の入居者を積極的に受け入れており、物件は家具家電付・無制限Wi-Fi完備となっているほか、マルチリンガルスタッフが本部に常駐し、申し込みや問い合わせに対応、電子テンキー導入による24時間セルフチェックイン・アウト方式の採用、敷金礼金保証人不要、カード決済対応などで、入居時の利便性向上を図っております。

※ロゴは添付の関連資料を参照

■本資本業務提携の目的

業務提携の目的として、当社がオペレーション提供する民泊物件においてレジデンストーキョー社が運営するマンスリーマンションの併用運用を行い、両社によるシナジーの創出を図ってまいります。

また、2018年6月1日に公表のとおり、当社とレジデンストーキョー社は、当社の出張予約サービス「エアトリBTM」において法人顧客向けの長期宿泊サービスを共同で提供しており、今後の更なる提携強化に努めてまいります。

詳細は下記よりご覧ください。

http://www.evolableasia.com/news/1337?c=&y=&m

また、本資本提携は、投資事業の一環での取り組みであり、レジデンストーキョー社の今後の成長によるリターンを期待しております。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490638_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490638_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報