2018年11月21日(水)

プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモ、法人向け多言語接客サポートアプリが小売PTの公認サービスに認定

2018/9/14 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月14日

法人向け多言語接客サポートアプリ「はなして翻訳 for Biz」が「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチーム」公認サービスに決定

~接客での頻出用語・フレーズを追加収録し、訪日ゲストをおもてなし~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の法人向け多言語接客サポートアプリ「はなして翻訳(R)for Biz」が、このたび、小売業の多言語対応を官民で推進するプロジェクトチーム「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチーム(以下、小売PT)」の公認サービスに認定されました。

ドコモは、2017年6月から小売PTの接客コミュニケーションワーキンググループにおいて、接客現場でのよりよい多言語対応をめざし、事務局として多言語データベースの整備を行っております。この活動を通じ、小売の訪日ゲスト接客現場で利用頻度の高い用語・フレーズ約13,000件を新たに「はなして翻訳 for Biz」に登録しました。公認サービスへの認定は、この取り組みが評価されたものです。

※参考画像は添付の関連資料を参照

「はなして翻訳 for Biz」は、接客に特化したフレーズや接客現場に応じた翻訳で、接客現場の多言語対応をサポートするアプリです。小売、宿泊業での訪日接客会話を学習したドコモ独自の音声翻訳を活用するとともに、より高度な対応は通訳コールセンターでオペレーター通訳サービスを提供するなど、通信事業を手がけるドコモならではの、人と人をつなげることにこだわった翻訳サービスです。百貨店やドラッグストアなどの小売の現場で活用されています。

今後、小売PTのウェブサイト( https://welcome.japan-retail.or.jp/ )や小売PTの活動を通じて、小売の接客現場に対し本アプリが推奨されます。

ドコモはこれからも、2020年に向けて増え続ける訪日ゲストへのおもてなしを言語の面から支えるべく、「はなして翻訳 for Biz」の機能拡充と利便性の向上に努めてまいります。

*「はなして翻訳」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490618_01.png

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490618_02.png

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490618_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報