/

五洋建設、カラービットを用いた非接触型入退場管理システムを導入

発表日:2018年9月14日

カラービットを用いた入退場管理システムを導入

五洋建設株式会社(社長 清水琢三)は、セキュリティの向上と入退場記録の有効活用を目的として、ビーコア株式会社(東京都千代田区)の保有技術である自動認証コード(カラービット)を用いた非接触型入退場管理システムを、2018年5月より本社ビルに導入しました。

本社ビルの正面玄関に設置した本システムは、自動認証コード(カラービット)をプリントしたIDカード(社員証兼用)と、歩行しながら非接触でコードを読み取るセンサーカメラ(パナソニック株式会社)、これらと連動するセキュリティゲート(株式会社クマヒラ)で構成されます。

ゲート通過時、IDカードをネックストラップで首にかけたまま、カラービットをセンサーカメラが読み取り、ゲートが自動開閉します。荷物などで両手がふさがった状態でも立ち止まらずに入退場できます。正面玄関以外の建物の出入口では、ドア錠と連動したセンサーカメラによってカラービットを読み取り、入退場します。IDカードは光学読取の非接触タイプで、ICチップなどを搭載した接触タイプに比べ、製作コストは約10分の1(当社試算)です。

社員や来訪者の入退場履歴はデータベースに記録され、入退場時間やルート、滞在時間を個別に把握することができます。セキュリティの向上はもとより、労働時間管理や業務改善にも活用できます。

本システムは、国内の全支店ならびにシンガポール本社(国際部門)に順次導入を進めています。また、建設現場への導入も積極的に進めていきます。将来的には、建設キャリアアップシステムと連動した現場入場者の入退場管理や、現場における作業員と重機などの動きをリアルタイムで計測すること等に応用することを検討しています。

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490585_01.png

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490585_02.png

参考画像(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490585_03.png

参考画像(4)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490585_04.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン