/

NTTデータ、東京・豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施

発表日:2018年9月13日

東京・豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いた

オンデマンド移動サービスの実証実験を実施

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)は、豊洲コンセプト委員会(注1)の取り組みの一環として、国立大学法人群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(以下:CRANTS、読み:クランツ)、大和自動車交通株式会社(以下:大和交通)とともに東京都江東区豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を9月14日から計3日間実施します。

本実証では、地域住民に対し、3台の自動運転車両を用い、オンデマンド型で3拠点間の移動手段を提供します。自動運転車両の運行に必要な、乗客からの配車依頼の受け付け、車両への走行指示、走行中の遠隔監視等を運行管制システムで実現します。

今後NTTデータは、自動運転社会に求められる、利便性の高いサービス・機能についての検討を進め、2020年までに自動運転レベル4(注2)の技術を用い、地域住民のニーズに応じた新しい移動サービスの提供を目指します。

【背景】

近年、自動運転技術の開発・普及促進に向けた動きが加速しており、交通事故の削減、地域公共の活性化、渋滞の解消、交通弱者の移動手段などの期待が高まっています。

NTTデータは、2020年までに自動運転レベル4の技術を用い、地域の交通課題や要望に応じた、地域住民を主体とする「自動運転バス」や「自動運転モビリティ」を用いた新しい移動サービスの提供を行うべく検討を進めています。

今回の実証実験では、ファミリー層の多い都市部において、地域住民参加のもと実証実験を行い、要望・課題を把握し、安全で利便性の高いサービスの実現につなげることを目的としています。

【実証実験の概要】

1.走行日時(予定)

2018年9月14日(金)、19日(水)、20日(木) 10時~13時、14時~17時

※雨天の際は中止する場合があります。

※なお、報道関係者向けに、9月13日に自動運転車両の乗車体験会を実施します。

2.走行ルート

豊洲駅周辺の公道として以下を乗降地点とし、それぞれの乗降地点間を結ぶ3つのルート

 ・東京メトロ有楽町線豊洲駅

 ・アーバンドックららぽーと豊洲

 ・豊洲地区のマンション

3.乗客について

乗降地点であるマンションの住民(注3)

4.オンデマンド移動サービスの特徴

・3台の自動運転車両を運行

・3つの乗降地点から出発地・目的地を指定可能

・コミュニケーションロボットSotaによる車内対話

・乗客は上記走行時間内において、いつでも何度でも呼び出し(配車依頼)乗車可能

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490415_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490415_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン