2018年9月20日(木)

プレスリリース

イー・ガーディアン、「販売代理店・加盟店 RPAパトロールサービス」を提供開始

2018/9/12 15:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月12日

総合ネットセキュリティ企業 イー・ガーディアン

「販売代理店・加盟店 RPA パトロールサービス」提供開始

~金融・保険・EC業者を対象に、人×RPAの力で業務効率化を実現~

 

 イー・ガーディアン株式会社( https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)は、RPAを活用し、金融・保険・EC業者を対象に、販売代理店や加盟店登録した業者のサイトが適切か関連法規に違反する情報提供をしていないか等を定期的にチェックする「販売代理店・加盟店 RPA パトロールサービス」の提供を2018年9月12日(水)より開始いたします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 イー・ガーディアンは、投稿監視、風評調査、ゲームサポートのリーディングカンパニーとして、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、様々なサービスを提供しております。

 現在、金融・保険サービスやECサイトなどの販売店や加盟店などが、商品紹介ページに適切でない出会い系サイトやアダルトコンテンツ、また景品表示法や特定消費取引法、保険法、金融法などの法令や商品紹介方法に違反する可能性のある記述を含む事例が増えております。

 これらの背景として、販売代理店・加盟店が申請時と異なるサイトでサービス運営を行っていること、深い階層ページに違反商品や違反記述があり申請時や定期チェック時に見落としていること、専門知識が必要なため適切な審査が行えていないことなどが理由として考えられます。

 運営者が専門知識や人手不足の影響で、安心・安全なサービスを提供できていない現状を受け、イー・ガーディアンはこの度、金融・保険・EC事業者を対象に販売代理店や加盟店の初期登録審査および単純かつ定型的な業務を自動化するRPAを活用し、販売代理店や加盟店が保有するサイトの更新情報を自動検知する新サービスの提供を開始する運びとなりました。

 本サービスは、RPAを活用し、登録販売代理店・加盟店のサイトを定期的にパトロールし、登録サイト内の広告や広告のリンク先に不適切なものがないか、深い階層ページに違反商品がないか、意図的に申請以外のURLで使用していないかなどの悪質な情報をオペレーターとともに迅速に検知いたします。

 投稿監視や保険、カードローン、クレジットカード、FX、決済サービスでの広告審査代行業務で培ったオペレーターの豊富なノウハウとRPAの新技術を掛け合わせることにより、スムーズかつスピーディなサービス提供を行うことで業務効率化を実現し「働き方改革」に寄与いたします。また、適切かつ性格な情報提供を行う環境づくりをサポートすることで、消費者を守り商品価値の向上にも貢献いたします。

 今後も、イー・ガーディアンは、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490348_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490348_02.pdf

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報