2018年11月20日(火)

プレスリリース

企業名|産業
商船三井輸送・レジャー

商船三井など、ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造砕氷LNG船を「VLADIMIR VIZE」と命名

2018/9/12 15:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月12日

ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造砕氷LNG船“VLADIMIR VIZE"と命名

~世界初の砕氷LNG船プロジェクトに当社2番船として投入~

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下、「商船三井」)と中国遠洋海運集団有限公司(China COSCO Shipping Corporation Limited、以下「China COSCO Shipping社」)の合弁会社が共同発注した砕氷LNG船(以下「本船」)の命名式が、9月11日に韓国・Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering Co., Ltd.(以下「DSME社」)で行われました。

多数の関係者が見守る中、ヤマルLNGプロジェクトの主要株主であるPAO NOVATEK社のIrina Ershova氏により、本船はロシアの北極探検家・海洋学者に由来する“VLADIMIR VIZE"と命名されました。本船は、2018年3月からヤマルLNGプロジェクトのLNG輸送に従事している“VLADIMIR RUSANOV"(*1)の後続船(当社二番船)です。本船は、9月末に竣工し、ヤマルLNG出荷基地のあるロシア・ヤマル半島サベッタ港に向けてベーリング海峡を経由して北極海航路を単独航行した後、同プロジェクトに投入されます。

砕氷LNG船シリーズの最終船となる第三船(*2)もDSME社で順調に建造が進められており、来年ヤマルLNGプロジェクトへの投入が予定されています。さらに、2017年6月に発表した「ヤマルLNGプロジェクト向けLNG船4隻」(*3)についても、上海の滬東中華造船(集団)有限公司(Hudong-Zhonghua Shipbuilding (Group) Co., Ltd.)に社内外から技術者を派遣して、パートナーのChina COSCO Shipping社と共に高い安全意識を持って建造監督を行っており、2019年から2020年にかけて同プロジェクトへ投入される予定です。

ヤマルLNG出荷基地では、2018年8月より第二系列の稼動も開始しており、順調にLNGの生産を拡大しています。商船三井は、ヤマルLNG出荷基地からの安定的なLNG輸送に貢献していくと同時に、今後さらなる拡大が予測される北極海航路を通じたエネルギー資源輸送・製品輸送の需要にも貢献できるよう積極的に取り組んでいきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490341_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490341_02.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報