2018年11月21日(水)

プレスリリース

東急電鉄、鉄道事業(軌道事業を含む)の分社化準備を開始-2019年9月を目途

2018/9/12 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月12日

会社分割による鉄道事業の分社化に関するお知らせ

当社は、2018年9月12日開催の取締役会において、2019年9月を目途に鉄道事業(軌道事業を含む)を分社化すべく、その準備を開始することを決議しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

なお、会社分割による鉄道事業の分社化は、2019年6月下旬に開催予定の当社定時株主総会決議による承認、および必要に応じ所管官公庁の許認可が得られることを条件として実施する予定です。詳細事項につきましては、決定次第改めてお知らせいたします。

    記

1.目的

当社(当社グループ)は、交通、不動産、生活サービスの3つの事業を核に、ホテル・リゾート事業など幅広く、お客さまの日々の暮らしに密着した事業を展開しております。当社は、事業持株会社として、鉄道事業等をおこなっているほか、東急百貨店、東急ストア、東急ホテルズなどの子会社を通じて、各事業を推進しております。

当社の持続的成長には、高度化・多様化されたお客さまのニーズ等、各事業を取り巻く環境の変化へ一層のスピード感を持って対応することが必要であると認識するとともに、新たな付加価値の創造による事業拡大を図らなければならないと考えております。

このような状況を踏まえ、今後の当社の持続的成長と企業価値の向上を図るにふさわしい経営体制に深化すべく、グループ経営を担う事業持株会社と事業経営を行う各子会社へ、機能別に再編してまいります。

鉄道事業は、今回の分社化により、徹底した顧客視点、成長による沿線価値向上への寄与、人材力・技術力の更なる向上を図り、強靭化を実現いたします。

また、鉄道以外の各事業についても事業特性に合わせた検討を進め、当社における最適な経営体制の構築を目指してまいります。

会社分割後の当社は、成長戦略を推進すべく、事業持株会社として、賃貸等の不動産を保有し、開発機能と、資産ポートフォリオマネジメント機能を担うとともに、経営戦略に沿った新規事業創出を図ってまいります。

2.方法

当社を分割会社とする会社分割により、鉄道事業を、当社が100%出資をして設立する新会社に承継させる吸収分割方式を想定しております。

3.今後の予定

2019年5月中旬(予定)分割契約書の取締役会決議

2019年6月下旬(予定)分割契約書の株主総会承認

2019年9月(予定)分割効力発生日

※以下は添付リリースを参照

※関連資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490327_01.pdf

関連資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490327_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報