2018年9月23日(日)

プレスリリース

大和証券グループ、ブロックチェーン/分散型台帳技術の適用検討「第2フェーズ」を25社と共同で開始

2018/9/12 14:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月12日

証券ポストトレード業務におけるブロックチェーン/分散型台帳技術の適用検討「第 2 フェーズ」を 25 社と共同で開始

~証券ポストトレード業務における世界初の DLT 実用化へ~

 

 大和証券グループは、日本取引所グループによる「ブロックチェーン/分散型台帳(Distributed Ledger Technology 以下、「DLT」)技術に関する業界連携型の技術検証(※1)」の枠組みを活用した、証券ポストトレード業務における 2017 年の検討を引き継ぐプロジェクト(以下、「第 2 フェーズ」)を開始いたします。

 証券会社と機関投資家の間では、証券の売買成立後に数量や手数料などを双方で確認し合う約定照合という業務が行われていますが、業界標準が存在しないことから個社対応が通例であり、業務煩雑化やコスト増加が課題として挙げられていました。そこで 2017 年の第 1 フェーズ(※2)では、証券会社を中心とした金融機関 17 社と共同で、国内証券市場の更なる効率化とコスト低減を目的に、約定照合業務への DLT 適用について議論を行いました。成果は「JPX ワーキング・ペーパー」(※3)で公表し、多くの反響と今後の取り組みへの期待が寄せられております。この状況を踏まえ、参加企業を機関投資家、システム会社に広げ、25 社と共同で第 2 フェーズとして更に踏み込んだ協議を行います。実施期間は 2018年 9 月から 2019 年 1 月までを予定し、参加予定企業は別表の通りです。

 DLT 活用による経済効率化や社会的課題解決への期待は大きく、世界各所で議論や実証が行われていますが、業界横断での合意形成の難しさから実現は容易ではありません。次世代金融サービスの創出に向け 2018 年 4 月に設立した Fintertech 株式会社も第 2 フェーズより参画し、グループの金融専門知識、リサーチ・コンサルティング能力、DLT に関する知見を集結させ、様々な市場参加者と証券業界横断で、世界初のポストトレード業務における DLT 実用化を目指します。具体的には、様々な立場の実務者による検討会を通じて、ルール・規格の標準化や、システム要件、運営ルール等についての意見をとりまとめ、業界横断での合意形成を目指します。

 大和証券グループは、本プロジェクトの取り組みが証券業界全体でのコスト低減や利便性向上につながり、最終的には投資家の利益に資するものと期待しております。今後も、お客様に有益なサービスを提供すべく、新たな技術に対する積極的な取り組みを進めてまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490310_02.pdf

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報