2018年9月25日(火)

プレスリリース

帝人フロンティア、麻調の合繊素材「シャレールリュクス」を開発・発売

2018/9/11 16:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月11日

麻調の合繊素材「シャレールリュクス(TM)」の開発と販売

 

 帝人フロンティア株式会社( http://www2.teijin-frontier.com/ )(本社:大阪市北区、社長:日光 信二)は、亜麻のようなナチュラルな表情感と清涼感を表現した、新しい麻(リネン)調ポリエステル素材「シャレールリュクス」を開発しました。2019年春夏より快適ファッション素材として販売を開始します。

1.開発の背景

 (1)近年、天然素材の需要が高まっていますが、原料価格が高騰していることや、イージーケア性および機能性に対するニーズが増していることなどから、天然素材調の合繊素材が関心を集めています。

 (2)また、麻を中心とする1980年代のレトロ調素材がファッショントレンドとして注目されており、機能性に優れた麻調素材の需要が高まっています。

 (3)こうした中、帝人フロンティアは、独自の太さ斑加工技術を駆使することにより、亜麻糸が持つ特有の糸斑を再現した麻調ポリエステル素材「シャレールリュクス」を開発しました。

2.「シャレールリュクス(TM)」の特徴

 「シャレールリュクス」は、天然麻素材のようなシャリ感、ハリ、自然な外観と、天然麻素材にはないイージーケア性や機能加工付与性を兼ね備えた麻調ポリエステル素材です。

(1)自然な麻調外観

 「シャレールリュクス」は、糸の太い部分が細い部分の約1.5倍の太さとなるように構成されており、100mm以上の長いスラブ(*)のある形状となっています。それにより、斑をはっきりと付すことが可能で、丸編みのようなニットにもナチュラルな麻調の外観を持たせることができます。

 *スラブ:細い部分と太い部分が交互に現れる糸の太い部分

(2)優れた機能性

 麻素材には、シワになりやすい、白化しやすいなどの特徴がありますが、「シャレールリュクス」は寸法安定性に優れたポリエステル素材であるため、シワになりにくく、イージーケア性に優れ、白化を低減します。また、微細な凹凸により、肌離れ性、ストレッチ性、およびウォッシャブル性などの機能を兼ね備えており、仕立て映えや快適性に優れています。

3.今後の展開

 (1)高い審美性が求められる快適ファッション素材として販売を開始し、アウター、ジャケット、ボトムス、ブラウスなど幅広い用途に向けて積極的に提案していきます。

 (2)積極的に展開を図ることにより、2018年度は10,000m/年、2019年度は 100,000m/年、2020 年度には250,000m/年の販売を目指します。

 掲載されている情報は、発表日現在のものです。

 その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報