2018年11月15日(木)

プレスリリース

オリックス・リビングと藍野大、「AINO-OLG CROSS AGE PROJECT」を開始

2018/9/11 16:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月11日

高齢者住宅と教育機関が提携

「AINO-OLG CROSS AGE PROJECT」を始動

~高齢者と学生の交流を通じて、介護・教育現場に生かす~

オリックス・リビング株式会社(本社:東京都港区、社長:森川 悦明)と学校法人 藍野大学 藍野大学(所在地:大阪府茨木市、学長:菅田 勝也)は、4月1日に業務提携し、共同で『AINO-OLG(※)CROSS AGE PROJECT(アイノ‐オーエルジー・クロス・エイジ・プロジェクト)』を開始しますのでお知らせします。

本プロジェクトは、高齢者住宅の運営実績を持つオリックス・リビングの介護ノウハウと、認知症予防に関する数多くの研究実績を有する藍野大学の専門知識を掛け合わせ、高齢者の健やかな老いを支援するための多世代交流(クロスエイジ)型プロジェクトです。プロジェクトでは、オリックス・リビングが運営する有料老人ホーム「グッドタイム リビング 香里ヶ丘」(所在地:大阪府枚方市)で実施している入居者向けのアクティビティプログラム「グッドタイムクラブ」において、作業療法学科の学生が提案するアクティビティプログラムを実施します。

また、定期的に勉強会も実施していく予定です。

医療を中心とする専門知識を持った若者たちと入居者が関わることで、入居者に新たな活動を促し、生命活動の基礎となる力を高めることにつながります。学生にとっても、実際に構築したプログラムを実施する体験を通じて、学びの機会とプログラムの成果検証などの機会を得ることができます。これらの活動を通じて、直面した課題やその解決策を、新たなノウハウとして蓄積し、介護および教育現場での活用を目指します。

オリックス・リビングと藍野大学は、高齢者のスマートエイジングを実現する「地域共創」を目指し研鑽を重ねてまいります。

※AINO-OLGは、藍野大学とオリックス・リビングを表しています

以上

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490231_01.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報